革製品の生産工場で

貧しい人々の「働く」場を増やす

ビジネスレザーファクトリー
社長
原口 瑛子

働きたくても働けない
貧しい人々に働く機会をつくる

SOCIAL BUSINESS

SOCIAL IMPACT

  1. FLOW 01 貧困層は、学校に行っていない、働いた経験がない
  2. FLOW 02 働けない or 低賃金や劣悪な労働環境で働いている
  3. FLOW 03 自社工場で貧しい人々を優先的に採用する
  4. FLOW 04 現地資源の本革を使い高付加価値商品をつくる
  5. FLOW 05 ビジネスシーンの牛本革専門ブランドで販売する
  6. FLOW 06 「働く」を繋ぎ「働くを楽しく」を共創する

体験者から見る

ハリマ(革職人) / バングラデシュ

病院もない貧しい村で生まれ、言葉を発することができなかったので、精神疾患と差別されて生きてきました。工場で働くことになり、友達もできました。今は、生きる意味を見いだせることができました。

シンラ(革職人) / バングラデシュ

親に捨てられ、違法でセックスワーカーの派遣をする叔母に育てられました。今は、工場で安心して、働けるようになりました。メンバーと幸せな結婚もできました。今が一番幸せです。

シャハナ(革職人) / バングラデシュ

貧しくて学校に通えず、男性と結婚をさせられ暴力を受けて妊娠、離婚しました。BLJで働くことができ、託児所にも子どもを預けることができます。夢は、子どもに教育を受けさせることです。

SOCIAL IMPACT

ビジネスレザーファクトリーソーシャルインパクト

「バングラデシュの革製品の生産工場でビジネスレザーファクトリーの製品を作る直接雇用者数をソーシャルインパクトとしています。」

数字で見る

CONCEPT MOVIE


この事業を創った
事業家

ビジネスレザーファクトリー
代表取締役社長

原口 瑛子

1985年、熊本県生まれ。高校生の時に、ケビンカーターの「ハゲワシと少女」の写真を見て「貧困をなくしたい」という志を立てる。早稲田大学政治経済学部卒業後、英国サセックス大学開発学研究所(IDS)にて貧困と開発修士課程を修了。国際協力機構(JICA)に入構、国際機関との連携事業や中米地域の円借款事業などを担当。「より持続的」かつ「顔の見える」形で志を実現すべく、ソーシャルビジネスで起業することを決意。2015年(株)ボーダレス・ジャパンに入社、アパレル事業の店舗開発・設計、バングラデシュ生産工場での品質管理、ECマーケティング統括を経て、2017年ビジネスレザーファクトリー(株)代表取締役社長に就任。バングラデシュの貧困問題解決の事業に取り組んでいる。
プロフィールを見る / ブログを読む
Facebook / Twitter / Instagram

社会起業家

メンバー紹介

事業開発
加藤千穂
世界中に友達ができて知った「決して平等ではない世界」。社会問題に対してどう向き合うか考えたとき、自分の得意とする人とのコミュニケーションやホスピタリティを活かして、アプローチがしたいと考えたからです。
店長
齊藤 誠之
私が一番大切にしていることは笑顔です。 一緒に働くスタッフが笑顔で働ける環境をつくり、たくさんのお客様を笑顔にしたい。 そして笑顔になったスタッフやお客様はまた新しい笑顔を生み出してくれると考えてい・・・
店長
田中 一成
貧困などの社会問題を寄付ではなくビジネスで解決できるから。ビジネスで解決する事による自由度、持続可能性に魅力を感じています。
デザイナー
吉田 幸司
物を作るのが大好き!また、自分が作る商品によってバングラ工場に製造ラインが出来上がる。それによって雇用人数も増える。人の幸せを実感できるポジションで働けてることに幸せを感じているから。
事業開発
横山 玖未子
自分がやる仕事を通して、その先にある誰かの姿や笑顔が目に見えて分かることに大きなやりがいを感じています。まだまだ未熟ですが、自分の叶えたい志実現のためこの仕事を通じて成長したいと思います。
店長
安西 佑希奈
自分のためだけでなく、誰かのためにも頑張れる人でありたいから。
店長
坂下 まみ
接客や店舗運営を通して人と接する楽しさや日々成長出来る事。好きな仕事をして、社会貢献に繋がることに喜びを感じるし、何より工場の人達と共にブランドを成長させているんだ!と言うことに誇りを感じるからです。
店舗スタッフ
山崎 可蓮
何処にでもある不平等を放っておきたくないから。一人一人が尊重される世界を作っていくために、自分が出来ることを日々やるため。
店長
諏訪 脩人
「子供たちの選択肢を増やすために、ケニアに雇用を作る」私はケニアで、夢があるのに、お金がないから挑戦すらできない子供達をたくさん見ました。この状況を、ビジネスで雇用を創ることで解決します!
店長
今井 仁美
社会貢献といえば寄付などしか思い浮かばず何も出来ないと感じていた自分。しかし、ここで自身の販売経験を生かすことが雇用創出に繋がる。こういうことをもっと考え社会との繋がりがもてる場所だからです。
社会起業家
原口 瑛子
「貧しい人々の役に立ちたい」。この志を達成するためだけに、学び、選び、生きてきました。貧困の罠に陥る子ども達が一人でも減るように、彼らが自分達の手で明るい未来を描けるように、社会を変えていきたいから。
事業開発
松本 詩織
こどもたちの可能性を、こどもたち自身が信じることのできる社会を創りたいからです。どんな困難に直面するこども達でも、自分らしく、自分の人生を歩める、そんな社会を目指して頑張ります!
店長
岡田侑果
お客様と笑顔で繋がるために、販売の中で働く仲間と成長できる環境をつくりたい。そして社会貢献から世界と笑顔で繋がりたい。
事業開発
則行 紀江
自分の意思でなく、自分を取り巻く環境によって 自らの道が決定されてしまう社会を変えるためです。
副社長
金子 健一
目の前の人を笑顔にしたい、幸せにしたいという想いは誰しもが抱いていると思います。これまで自身が積み重ねてきた経験と、これからの仕事全てが、目の前に限らず世界をより良いものへすることに直結していることに・・・
事業開発
大場 麻美
今までに培った経験を活かして社会貢献に携わりたい!を実現しながら、販売からお客様にも働くスタッフにも「ここに来てよかった」を生み出す苦しさもありますが、実現できるように応援してくれる会社だからです。
店長
末石 智子
自分の為に動くことは簡単だけど、顔の見えない誰かの為に動くことは難しい。でも、私たちはいつも知らない誰かに支えられて生きている。この会社を通じ、仕事を通じ、私も誰か知らない人の支えになりたい。世界を支・・・
店長
鈴木 蘭子
大好きな接客業を通して、日本と途上国の架け橋になれることは、私にとって一番のこだわりであり、幸せです。途上国の方々が作った商品を世へ送り出すこの仕事に、誇りをもっています。
店舗スタッフ
村永 文美
私が何故この仕事をするのかというと、お客様にありがとうと言われた時の喜びや、私に会いに来て下さるお客様の存在のおかげで接客業という職業に虜だからだと思います。
店長
上田 勝仁
ブランドに関わる全ての人の人生を豊かにしたい。販売を通じ「働くを楽しく」を実現する店舗を目指しています。その為にお客様、メンバー、地域の方々に愛されるブランドを創っていきます。
店長
鎌田 静香
お礼を言うのはこちらの方なのに、お客様から「大切にします!ありがとう!」と言われると、もうやり甲斐しか ありません!
事業開発
松井 稜弥
「すべての子どもたちが自分の夢を持ち、それに向かって頑張れる環境を提供するスペシャリストになる。」というビジョン達成に向け、重要な通過点だと思ったから。 BLFのビジネスモデルを波及させ、かつ、BL・・・
事業開発
煙草 将央
途上国の貧困という社会問題を楽しくそしてオシャレに解決へと導きたいから。正当な給与と安心して働ける環境を世界中に作り、貧困問題を抱える当事者とその子供たちの未来を創りたい。
事業開発
畔上拓也
雇用を創出するだけでなく、 衣食住・教育・医療の整ったコミュニティ作りで、貧困解決のロールモデルを生み出すため。
店長
髙宮 健
世界中の人々に感動を与えて幸せになって貰いたい。いつも「どうしたら感動して頂けるのか?」を考えております。その為にはまず、私が幸せになる事。家族を大切にする環境が整っている会社です。その先に世界中の幸・・・
店舗スタッフ
丸尾千咲
世界には貧困が理由で勉強したくてもできない子どもたちがいることを知り、生まれる国が違うだけで人生の機会に大きな差が生まれることに衝撃を受けました。この世界をこのままにしたくない。この気持ちから、この仕・・・
店長
奥原愛
仕事もプライベートも自由奔放に生きているわたしが、ほんの少しでも世界のどこかで困っている人の役に立てるビジネスレザーファクトリーと出会うことができました。 わたしは自分のためとその人たちのために毎日・・・
RECRUIT

私たちと一緒に働きませんか?


会社概要

サービスサイト

本革製品を通して世界中の「働く」を楽しく「ビジネスレザーファクトリー」

本革製品を通して世界中の「働く」を楽しく「ビジネスレザーファクトリー」

お問い合わせ


お問い合わせ種別

企業・団体・組織名
お名前
フリガナ
お電話番号
住所(都道府県)

住所(市区町村)
メールアドレス
お問い合わせ内容
ボーダレス・ジャパンの個人情報利用規約について同意します


SOCIAL BUSINESS

どんな社会問題を解決するか

バングラデシュの都市部における貧困層の雇用問題

バングラデシュでは、日本の約4割の国土に1億6千万人の人口を抱えており、その過剰な人口が都市の高い失業率を招いています。特に、家族を養わなければいけない貧しい人々(親のいない若年層/シングルマザー/障がい者など)は、未就学・未経験などを理由から、働きたくても働けない、あるいは、低賃金・劣悪な労働環境で働かざるを得ず、経済的に苦しい生活をしていました。

バングラデシュの都市部における貧困層の雇用問題

どうやってアプローチするか

バングラデシュの革工場で貧しい人々の雇用をつくる

バングラデシュの現地資源を活用した高付加価値商品を製造する自社工場で、貧困層を直接雇用し、日本の自社ブランドで販売することで、安定的な収入かつ高賃金を実現する。また、作り手/売り手/買い手の「働く」をつなぎ、「世界中の「働く」を楽しく」を共創する。

バングラデシュの革工場で貧しい人々の雇用をつくる

この事業が目指す未来

「世界中の働くを楽しく」を実現し、
貧困のない社会を共創する

働きたくても働けない貧しい人々が、安全かつ安心できる労働環境で、安定的な収入を得ることでき、仕事にやりがいや誇りを持ちながら、楽しく「働く」ことができる社会を目指します。また、工場では雇用創出だけでなく、衣食住・教育・医療を備え「生きる」と「働く」を実現できるビレッジを共創し、社会のロールモデルとして、世界中に「働くを楽しく」を広げます。

「世界中の働くを楽しく」を実現し、貧困のない社会を共創する