革製品の生産工場で

貧しい人々の「働く」場を増やす

ビジネスレザーファクトリー
社長
原口 瑛子

    ビジネスレザー
    ファクトリー

    ビジネスレザーファクトリーとは

    • 未経験や未就学を理由に「働く」場のない貧しい人々の問題解決を目指す。
    • 現地の資源を活用した本革製品の工場で「働く」場を提供する。
    • 本革製品を通して世界中の「働く」を明るくしたい。


    SOCIAL IMPACT

    バングラデシュの革製品の生産工場でビジネスレザーファクトリー(ビジレザ)の製品を作る直接雇用者数と、その直接雇用者の家族数をソーシャルインパクトとしています。


    SOCIAL BUSINESS

    どんな社会問題を解決するか

    未経験や未就学を理由に「働く」場のない貧しい人々

    バングラデシュでは、日本の約4割という狭い国土に約1億5千万人の人口を抱えており、その過剰な人口が、高い失業率を招いています。家族を養わなければいけない貧しい人々も多く存在していますが、それらの人々は働いたことがない、あるいは教育を受けていないため、他の職場や工場では採用してもらえませんでした。特に、女性や障害のある人々は、さらに労働差別に合いやすいという厳しい現状に苦しんでいました。

    未経験や未就学を理由に「働く」場のない貧しい人々

    どうやってアプローチするか

    現地の資源を活用した本革製品の工場で「働く」場を提供する

    バングラデシュでは年に一度の宗教的行事「犠牲祭」があり、牛肉が大量に流通される一方で、牛革は有効活用されていませんでした。その牛革を活用して付加価値の高い本革製品に加工しています。工場では、貧しい家庭環境の人々や女性を積極的に正規雇用。生産工程を細かく分け、初めて工場で働く人もすぐに力を発揮できる環境を提供しています。

    商品はビジネスシーンに特化したラインナップで、日本の直営店舗と自社サイトで販売しています。商品開発・生産・販売を一気通貫して行い、「本革を持ちたいけど高くて手が出せない」と合皮を購入していた層に、圧倒的な低価格で高品質な本革製品を提案。10色以上のカラー展開や、革と相性抜群の刻印サービスで高いリピーター率を実現しています。ブランド開始から2年で、全国8店舗まで展開中です。

    現地の資源を活用した本革製品の工場で「働く」場を提供する

    この事業が目指す未来

    本革製品を通して世界中の「働く」を明るく

    バングラデシュの工場では、これまで働くことができずに苦しんでいた貧しい家庭環境の人々が、家族のような仲間とともに、夢や希望を持ちながら、革職人として働いています。工場は、彼らに働く場を提供するだけでなく、住居や教育・医療サービスなど備えた「ボーダレスビレッジ」を作り、他の工場のロールモデルとなる工場を目指します。

    日本では、本革製品に手の届かない存在だったお客さまに対して、高品質・低価格な本革商品を提案し、お客さまの「働く」毎日を明るくすることを目指しています。また、それらの商品を提案するビジレザのメンバーは、ビジレザという社会の公器で、夢や希望、やりがいを持ちながら、明るく「働く」毎日を実践するロールモデルとなりたいです。

    今後、バングラデシュだけでなく、牛皮を有効活用できていない他の地域でも、このビジネスモデルを展開します。夢や希望を持って働ける人々を増やし続け、その本革製品を世界中に広げていくことで、「世界中の「働く」を明るく」する存在になりたいと考えています。

    本革製品を通して世界中の「働く」を明るく


    この事業を創った
    事業家

    ビジネスレザーファクトリー
    社長

    原口 瑛子

    私の志は、「ビジネスを通して雇用を創出し、途上国の貧困削減に貢献すること」。
    高校時代に、ケビン・カーター氏の写真「ハゲワシと少女」と出会い、「将来は貧しい人々に役立つ仕事をしたい」と決意しました。大学では経済学を学び、フィリピンなどでボランティアに参加。「読み書きできないからゴミを拾って生きるしかない」、スモーキーバレーで働く少年の言葉を聞いた時、高校時代の想いは「志」になりました。その後、イギリスの大学院で貧困と開発修士課程を修了。そして、ODAの実施機関であるJICAに入構しました。「国創り」というダイナミックな仕事に心からやりがいを感じ、365日100%で働く日々。一方で、持続的な開発の観点から、途上国の雇用創出に挑戦したいという志の変化がありました。そんな時に出逢ったのが、ボーダレス・ジャパンでした。一度しかない人生、自分が心に思い描いていた大志にシンプルに挑戦してみよう、そう思いソーシャルビジネスの道を歩き始めました。
    プロフィールを見る / ブログを読む

    ビジネスレザーファクトリーの
    メンバー

    諏訪 脩人
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    「子供たちの選択肢を増やすために、ケニアに雇用を作る」私はケニアで、夢があるのに、お金がないから挑戦すらできない子供達をたくさん見ました。この状況を、ビジネスで雇用を創ることで解決します!
    横山 玖未子
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    自分がやる仕事を通して、その先にある誰かの姿や笑顔が目に見えて分かることに大きなやりがいを感じています。まだまだ未熟ですが、自分の叶えたい志実現のためこの仕事を通じて成長したいと思います。
    吉川 誠
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    接客販売だけにしか自信がなかった自分に、それが社会貢献に繫がるきっかけを与えてくれた場所であると同時に、人生の舵を他人ではなく自分で決める事ができ、常に新しい事へチャレンジさせてくれる会社だから。
    行武 摩耶
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    BLFの仲間と意見を出し合い、どうすればお客様に商品の魅力を伝えられるのか試行錯誤し、努力することでバングラデシュの人々を笑顔にできる。その実感と達成感がこの仕事を続ける理由の全てです。
    山本 里香
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    接客を通して社会問題と向き合えるということに魅力を感じています。また、日々、気づきやアイディアを共有してくれる尊敬できる仲間がおり、自分の成長につなげることができる場所だからです。
    髙宮 健
    店舗社長
    なぜこの仕事をするか?
    世界中の人々に感動を与えて幸せになって貰いたい。いつも「どうしたら感動して頂けるのか?」を考えております。その為にはまず、私が幸せになる事。家族を大切にする環境が整っている会社です。その先に世界中の幸せがあると思います。
    白石 嘉宏
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    ものを作って売るだけの仕事ではなく、「誰かの為に」「何の為に」するのか、社会貢献を通して成し遂げる場所がここにあるからです。そして自身の今までの経験と知識を、ボーダレスに注げる環境があるからです。
    ザモイスキ 奈津美
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    社会貢献もでき、国際的にも幅広く活動できるのにも関わらず、ボランティアではなく、バングラデシュや国内のスタッフも自分自身も”きちんと雇用が補償され、生活できる“という環境で働けるからです。
    岩城 弘佳
    デザイナー
    なぜこの仕事をするか?
    自分自身が新しい商品を考えることで、それを形にするバングラデシュの仲間、検品・販売する日本のすべての仲間、そしてその商品を購入するお客様、みんなが笑顔になってくれる。それがこの仕事をする理由。
    増田 果歩
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    私たちが接客をすることにより、購入していただいたお客様と工場で作ってくれている人たちも笑顔にしたいと思ったからです。そして私ひとりでは出来ないような社会貢献を販売を通してできる場所だからです。
    松野 綾乃
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
     
    今井 仁美
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    社会貢献といえば寄付などしか思い浮かばず何も出来ないと感じていた自分。しかし、ここで自身の販売経験を生かすことが雇用創出に繋がる。こういうことをもっと考え社会との繋がりがもてる場所だからです。
    阿部 佐衣子
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    自分の仕事がダイレクトに社会問題に繫がっているということを、間近で体感することができます。そしてそれによって、自分の存在が世の中の役に立っているんだという自信や誇りを、強く実感することが出来ています。
    井上 早紀
    店舗社長
    なぜこの仕事をするか?
    革が好き、自分の仕事で国を超えて貢献も出来る。そんな意識から始まった私の「働く」。今では「共に同じ惑星で“幸せに生きる”ための働く」へと変化。未来だけじゃない、今も幸せにを皆と作る使命に燃えています。
    渡辺寿々菜
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    『未来の子どもたちのために』、子供たちの未来のために。
    藤原 鈴
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    販売職は自分の笑顔でお客様を笑顔にできる、それが何よりも大好きで働き始めました。今では、お客様を笑顔にすることがバングラデシュのスタッフの笑顔にも繋がることを実感でき、やりがいを感じています。
    上田 勝仁
    店舗社長
    なぜこの仕事をするか?
    『ボーダレスビレッジの創設が貧困地域の子供達の未来を明るくする』この志しを成し遂げたい、そして一緒に働くファミリーと共に成長できること。ひとりひとりの成長にコミットした明るく働ける環境があるからです。
    金野 由佳莉
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    自分自身これまでの人生の中で色んな人に助けられて来ました。だから次は、素敵な仲間と、素敵な商品を、大好きな接客の仕事でお客様にお届けし、それを通して世界中の苦しんでいる人たちを助けてあげたいからです。
    秋山 努
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    出会いを大切にし、接する人の時間を明るくしたいと思い働いています。その喜びを感じることができることに加え、商品に携わっている人たちの幸せと、社会貢献にも繋がるこの仕事にやりがいと誇りを感じるからです。
    光安 早里
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    ボランティアや募金などの間接的な支援でなく、仲間の一人として、直接 他国のファミリーを支えることができることが魅力です。初の接客業がBLF、仲間と共に成長してゆく喜びと、お客様のあたたかさも感じます。
    鈴木 蘭子
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    大好きな接客業を通して、日本と途上国の架け橋になれることは、私にとって一番のこだわりであり、幸せです。途上国の方々が作った商品を世へ送り出すこの仕事に、誇りをもっています。
    山本 佳世
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    BLFでお仕事させて頂くことで「人の役に立つ」、「日本と海外との架け橋になる」という自分の夢が叶うと感じたことです。またお客様からの「ありがとう」という言葉に、とても喜びを感じる為です。
    坂下 まみ
    店舗社長
    なぜこの仕事をするか?
    接客や店舗運営を通して人と接する楽しさや日々成長出来る事。好きな仕事をして、社会貢献に繋がることに喜びを感じるし、何より工場の人達と共にブランドを成長させているんだ!と言うことに誇りを感じるからです。
    竹島 美帆
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    販売を通して、スタッフ・お客様含め、多くの人と関わることが出来、そこから沢山の気付きがあり、自身の成長に繋がる。そして自身の成長が誰かの役に立てる事もあるからこの仕事をしています。
    下園 綾子
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    沢山の子育てママさんの活躍できる職場作りが目標であり、その先にはバングラデシュの子ども達の笑顔が見えています!ボーダレス・ジャパンは、仲間と協力・成長しながら志を達成できる場所です。
    越智 絵理奈
    店舗社長
    なぜこの仕事をするか?
    社会貢献がしたい!でもボランティアではなく、生きるための仕事として!との私のニーズにぴったりはまった会社です。そして何よりも、一緒に働く人達が心から尊敬できて大好きです。だから何があっても辞められない
    菊田 浩美
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    販売を通じてひとりでも多くのお客様と出会い喜んでもらえる事。それが直接バングラの方の生活、社会貢献に繋がっている環境に感謝しています。共に成長できる環境の中で日々学び自己の成長ができる事です。
    桐原 一洋
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    「何よりお客様に喜んでもらいたい!」刻印やギフト・接客等から、自分次第で他の小売業では出来ない部分をより深く提案し、伝えられる環境です。それが社会貢献に繋がるのはBLFならではです。
    大場 麻美
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    今までに培った経験を活かして社会貢献に携わりたい!を実現しながら、販売からお客様にも働くスタッフにも「ここに来てよかった」を生み出す苦しさもありますが、実現できるように応援してくれる会社だからです。
    金森 久莉子
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    自分が好きな接客で人の役に立つことができるお仕事です。人や物を大切にする環境で働くことができ、常にもっと接客を通して人に感動を与えられる人になりたいと思っているからです。
    江口 美華
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    接客という仕事を始めて、天職に出会えた!と感じました。その接客を通して社会貢献ができるなんて、私がするしかない!!と思い飛び込みました。今は、ここに繋がるみんなの笑顔を想像し、仕事をしています。
    馬場 公彦
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    お互いがお互いの仕事を尊重しあえる環境が社会貢献に繋がるという素晴らしい環境で、自分が培ってきた接客経験が活かせる場であるからです。自分が取り扱う商品を誇りを持って御客様に提供できる理想的な職場です
    吹井 響子
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    ボーダレスのような会社や、ボーダレスマンのような人が増えれば、きっと世界中に小さな幸せがたくさん生まれると思うから。そして何より、一緒に働く仲間を尊敬・信頼しているから。
    黄 景煥
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    どうしてこの仕事をしてる?楽しい?遣り甲斐はある?社会貢献は出来る?など、これらを自分一人より志を同じゅうする仲間と一緒なら速く出来そう!その集まりがボーダレス・ジャパンでした。
    吉田 幸司
    デザイナー
    なぜこの仕事をするか?
    物を作るのが大好き!また、自分が作る商品によってバングラ工場に製造ラインが出来上がる。それによって雇用人数も増える。人の幸せを実感できるポジションで働けてることに幸せを感じているから。
    呉原祐香
    副社長
    なぜこの仕事をするか?
    社会問題を解決したいから。BLFではバングラの雇用創出に携わっています。 今の夢は『女性が第一線で働き続けることができる社会を実現すること』。そのためにBLFでリーダーとして戦略や経営を勉強中です。
    伊里 唯野
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    私が接客をし、お客様が喜んで購入していただけばそれががバングラデシュの雇用につながるみんなが笑顔になれるそれが働く理由です。
    日野 美久
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    すべての子どもたちが教育を受け、夢を描ける社会の仕組みをつくるため。志を同じくする仲間とともに、まずは、ストリートチルドレンと呼ばれる子どもたちがいない未来をつくることを目指しています。
    北永 佳奈
    店舗スタッフ
    なぜこの仕事をするか?
    ここで働くことは隣の人と一緒に未来を考えられるところで、私もそういう存在の一人でいたいと思っています。お買い物をすることが未来への一票になるよう、まずは出会った方との一期一会を大事にしています。
    加藤千穂
    事業開発
    なぜこの仕事をするか?
    世界中に友達ができて知った「決して平等ではない世界」。社会問題に対してどう向き合うか考えたとき、自分の得意とする人とのコミュニケーションやホスピタリティを活かして、アプローチがしたいと考えたからです。

    受賞歴・メディア掲載


    ビジネスレザーファクトリーへのお問い合わせ