採用情報をみる

テロを受けた女性たちに
雇用を創り平和な社会へ

COMPANY
Borderless Burkina Faso
ISSUE
雇用創出

SWITH
TO
HOPE

テロで仕事がない 心身の不安定さ

仕事を得ることで 心身が安定し 平和な社会へ

SOCIAL
ISSUE

テロの影響を受ける女性たちの経済的・精神的不安定さ

最貧国のひとつである西アフリカの内陸国ブルキナファソ。
2019年以降過激派のテロが多発、難民が急増しています。

全てを奪われ農牧も継続できず、経済的に不安定になる。
同時に、コミュニティーから孤立し、精神的にも不安定に。

OUR
APPROACH

雇用創出を通して心身ともに安定し平和な社会へ

テロの影響を直接的・間接的に受けた女性たちに、
最低限の衣食住を満たす安定収入と新たに帰属できるコミュニティを創ります。

経済的安定と精神的安定を実現し、女性たちや子どもたちの希望を創りたい。
そして、その先にある平和な社会を実現します。

STEP OF
SOCIAL IMPACT
  • 01

    女性たちが経済的・精神的不安定さに苦しむ状態

  • 02

    衣食住が満たされる安定収入と新たに帰属できるコミュニティ

  • 03

    経済的・精神的安定を実現し、女性や子ども達の絶望を希望に変える

SOCIAL
IMPACT

今年のソーシャルインパクト(2022年度)

直接雇用者数
0
仕入先の雇用者数
105

VOICE of HOPE

収入は子どもや孫の教育に使っています。子どもたちを学校に行かせ続けたいです。

ソフィさん

家族を養うために働いています。仕事を続けて自分たちの力で生きていきたいです。

マルゲリットさん

仲間とともにアイディアを出せるようになり、自由を感じています。

サラマタさん

家族の食事や学校や病院だけでなく、子どもの服も買えるようになりました。

マルゴさん

ここで得た収入は、自分で使い道を決められます。それがとても嬉しいです。

ビントゥさん

VISION

テロの影響を受けた
女性たちに雇用を創り
平和な社会を実現する

最貧国のひとつであるアフリカの内陸国ブルキナファソ。
政治経済の不安定さに加え、2019年以降は過激派のテロが多発、難民が急増しています。

テロの影響を直接的・間接的に受ける女性たちに、
最低限の衣食住ができる安定収入と新たに帰属できるコミュニティーをつくり、
経済的安定と精神的安定を実現することで、彼女たちやその子どもたちの絶望を希望に変えたい。

そして、その先にある平和な社会を目指しています。

この事業の代表

代表

原口 瑛子

私の志は「世界の貧困をなくすこと」です。
ここ内陸国ブルキナファソでは、政治・経済の不安定さに合わせ、近年テロが多発、難民が急増。

一人の人間として、できることを始めたい、そう信じて、ここに来ました。

仕事を作り、教育医療へのアクセスを向上させることで、絶望を希望に変え、平和な社会を目指します。

会社概要

会社名
ボーダレス・ブルキナファソ
代表取締役
原口瑛子
事業開始時期
2022年12月会社設立、2023年1月事業開始
資本金
1,000万円
従業員数
1名
所在地
ブルキナファソ首都ワガドゥグ
事業内容
シアバターの仕入製造販売

公式サイト

CONTACT

内容を確認させていただき、
3営業日以内にご連絡を差し上げます。

この事業にお問い合わせ

    お問い合わせ種別

    企業・団体・組織名

    お名前

    フリガナ

    電話番号

    メールアドレス

    お問い合わせ内容