発展途上国の貧困村に
モノを届ける物流インフラ

BORDERLESS LINK 社
社長
加藤彩菜

BORDERLESS LINK

BORDERLESS LINKとは

  • 社長の加藤彩菜は入社1年目でBORDERLESS LINKを起業
  • 流通網が乏しいミャンマーの村々に生活必需品を配送し適正価格で販売
  • LINKの流通インフラによって生活をサポートする村人の数は5000人以上
  • 配送する村の数は20拠点以上

HISTORY

これまでの歩み
2015.02

ミャンマーにてBORDERLESS LINK事業を開始

ミャンマーにてBORDERLESS LINK事業を開始

2015.04

配送商品数100点を突破

2015.05

BORDERLESS LINK専用倉庫を所有

2015.07

サービス拠点(村)10カ所達成

2015.08

マイクロファイナンスのサービス開始

2015.09

配送商品数200点を突破

配送商品数200点を突破

2015.12

サービス拠点(村)20カ所達成

SOCIAL IMPACT

ソーシャルインパクト
ミャンマーの僻地をつなぐ物流インフラによって
日々の生活を支える村人の数

SOCIAL BUSINESS

ソーシャルビジネス紹介

ミャンマーの僻地をつなぐ流通網

ものが届かない僻地の村々と繋ぐ物流インフラ

僻地がゆえにモノやサービスが届かず、本当は必要としているモノがあるのに手に入れられない村を対象とし、商店の立ち上げまたは、既存の商店への卸しを行います。従来、商品が村人の手に渡るまでに物流コストが何重にもかかり、結果あらゆる生活用品を高額で買わなければなりませんでした。そのコストを解消するために、私たちは街から大量に安く仕入れたものを僻地の村々にダイレクトに届けます。また、村へ配達を行った復路では村で作った作物などを市場に届け、村人の収入に繋げます。

ミャンマーの僻地をつなぐ物流インフラ

事業立ち上げのきっかけ

BOPペナルティを変えていきたい

発展途上国では、貧しさから抜け出せない人々がたくさんいます。十分な衣服・食事・住居など最低限のものが手に入らない状況は、僻地になるほど深刻です。「BOPペナルティ」という貧困ゆえに割高・低品質なものを購入せざるを得ない、商品・サービスへのアクセスが困難であるなどの不利益があります。実際に僻地の村では、子ども達が小学校を辞めなくてはならない・家族が外国へ出稼ぎに行き連絡が取れなくなる・薬がなくて病気が深刻化するなどの問題があります。BORDERLESS LINKはそんな村人の生活コストを下げ、雇用を生み収入をあげることで、村の人々が自ら道を切り拓くチャンスを作りたいと始めた事業です。

事業立ち上げのきっかけ

生活必需品を適正価格で届ける

孤立する村々を繋ぐライフライン

ミャンマーの僻地にすむ農村の人々は、生活必需品や公的サービスを得ることが難しい現状があります。収入が少ないにも関わらず、村までの物流コストが高いために、都市部よりも食料品や生活用品の価格は上がり、本当に必要な薬なども手に入りません。買い物をするために片道6時間の悪路を歩かなくてはならなかったり、余計な交通費もかかります。この不均衡を解消し、流通網が乏しい不利な状況のために貧困から抜け出せない僻地の村々を繋ぎ、適正価格で必要なものを届けます。

貧困の村に生活必需品を適正価格で

事業リーダーが目指す理想の社会

不均衡なく自分の可能性にチャレンジできる世界を

発展途上国の僻地にある農村に生まれたら、勉強したいのに学校に行けない。食べ物を手に入れるために、子どもの時から働かなくちゃいけない。村人は収入が少ないのにも関わらず、食料品や生活用品の価格が高く、本当に必要な薬なども手に入りません。まずはこの不均衡を解消し、どこで生まれても最低限の生活ができて自分で自分の可能性を切り拓いていけるような世界を目指します。

事業リーダーが実現したい理想の社会