文字が読めない人も障がいを持つ人も

安心して働けるコミュニティを形成する


Bangladesh Leather Inspection社
社長
仲渡 春菜

 

Bangladesh Leather Inspection

Bangladesh Leather Inspectionとは

  • 文字が読めない・障がいを持つがゆえに職に就けない人の雇用とコミュニティ創出を目指す。
  • 商品の品質を保証する検品工場。
  • 安定した生計を立て、安心して働ける職場コミュニティをつくる。
 

SOCIAL IMPACT

 
Bangladesh Leather Inspection が提供する検品とそれに伴う業務によって生計を立てている人の数をソーシャルインパクトとしています。その中でも、「文字の読めない人」や「障がいを持つ人」の雇用を増やすことを最重要視しています。
(2018年3月ごろ更新予定)

SOCIAL BUSINESS

どんな社会問題を解決するか

文字が読めない・障がいを持つがゆえに職に就けない人の雇用

バングラデシュでは、教育の機会に恵まれなかった人や、障がいを抱える人たちが安定した生計を立てられる職に就くこと、安心して暮らせるコミュニティに巡り合うことが困難です。結果、物乞いや、きちんと給与の払われないような職に就く選択肢しか持てず、不当に扱われたり、時には自身の身体を傷つけられることも多くあります。障がいを持っているからと学校にも行けず、外も出歩けない人も多いです。教育を受けられなかったリキシャ乗りの父親の子供は父親と同じ職にしか就くことができず、結果その一家も、そのあとに続く一家も、不安定な生活を強いられるような現状があります。

文字が読めない・障がいを持つがゆえに職に就けない人の雇用

どうやってアプローチするか

検品を通じた商品の品質保証

文字を読める・読めないが関係なく、身体への負担が少ない職として、品質を保証する検品で雇用を創出。彼らは、使う部位によって一点一点の質感や表情が異なり難しいと言われれる革製品の検品を皮切りに、丁寧で質の高い品質保証とお客様対応を提供します。

さらに、革の製造工場を姉妹工場として構えることを強みとして生かし、革製品を作りたくても納期や品質を信頼できる工場と巡り合えていないお客様にも、私たちの商品と品質を提案していきます。

検品を通じた商品の品質保証

この事業が目指す未来

安定した生計を立て、安心して働ける職場コミュニティ

安定した収入と安心して頼れる職場コミュニティを通じ、教育や障がいの有無に左右されない雇用機会を提供。それによって、働くこと・生きること・学ぶことなど様々なことに希望を持てる社会をつくりたい。思いやりと相互理解のある職場を作ることで、社会でも同じように人々と接し、影響を与えられる人を増やしていきます。経済的、そして精神的にも充足感を持って暮らすことができて、何より楽しいとメンバーも喜んでくれています。「安定した生活の実現」と「安心して頼れる職場コミュニティ」を提示し、世界に広げる存在になります。

安定した生計を立て、安心して働ける職場コミュニティ

この事業を創った
事業家

Bangladesh Leather Inspection社
社長

仲渡 春菜

2015年にボーダレス・ジャパンに新卒入社。不遇な環境要因によって、万人に対して本来あるべき様々な機会が損なわれることを大きな社会問題と捉え、いかにその状況を転換し、人々に機会と生きがいを与えることができるかを試行錯誤してきました。「誰もが生きがいと使命を感じ生きることのできる社会」を創造するために、”機会提供”と”コミュニティ”、そして”持続可能”であるかが、とても大事なポイントであると考えます。バングラデシュで、文字が読めなくても、障がいを持っていても「安定した収入」と、「安心して頼ることのできるコミュニティ」の機会を提供し、幸せと愛情を感じることのできる大きな家族の輪を作り続けたいと思います。
プロフィールを見る / ブログを読む

求人情報

Bangladesh Leather Inspectionに参加しませんか?

Bangladesh Leather Inspectionへのお問い合わせ