採用情報をみる

生まれた環境でなく、
自ら人生を選べる社会へ

COMPANY
Sunday Morning Factory
ISSUE
児童労働

SWITH
TO
HOPE

何世代にもわたる 貧困の連鎖

環境でなく自分で 人生を決められる社会

SOCIAL
ISSUE

何世代にも渡り貧困から抜け出せない社会

バングラデシュの貧しい地域では、多くの子どもたちが、家計を支えるために幼い頃から働き始めます。

そのため、学校へ行けないので大人になっても、なかなか収入の良い安定した仕事に就くことができず、
何世代にも渡り、この貧困の負の連鎖が続いています。

OUR
APPROACH

“生まれた環境”でなく、“自分”で自分の人生を決められる社会

不安定な低賃金の仕事の代わりに、お父さん、お母さんに安定した生活に困らない給与の仕事を創ることで、
子どもたちが貧困の負の連鎖から抜け出し、自分で自分の人生を切り開いていける社会をつくります。

STEP OF
SOCIAL IMPACT
  • 01

    安定した生活に困らない給与の仕事に就く

  • 02

    子どもたちが退学せず、学校に通い続けられる

  • 03

    子どもたちが自分の夢に向かって歩んでいける

SOCIAL
IMPACT

今年のソーシャルインパクト(2022年度)

雇用人数
130

VOICE of HOPE

2人の子どもがいます。娘は工場のKids schoolでの勉強をとても楽しんでいます。

Ritaさん

14歳になる息子がいます。大学まで勉強したいという彼の希望を叶えたいです。

Sirinさん

託児所に息子を預けられるため、安心して働くことができます。

Monjiraさん

ヘルパーとして入社して、今はスーパーバイザーとして働いています。

Minuさん

私はシングルマザーです。子どものためにオペレーターとしてスキルをあげていきたいです。

Nasimaさん

2人の息子がいます。今は田舎にいますが、来年一緒に暮らせるのが楽しみです。

Shikaさん

VISION

“生まれた環境”でなく、
“自分”で自分の人生を決められる社会

学校に行きたいと願う子どもたちがいる。子どもには自分と同じ思いをさせたくないと願う親がいる。
貧困家庭に生まれても、そこから抜け出すことができるチャンスを創りたい。

”生まれた環境”で自分の人生が決まってしまうのではなく、
”自分の意思”で”自分の努力次第”で自分の人生を決められるそんな環境を創りたい。

この事業の代表

代表

中村 将人

2014年にスタートした事業は、多くの方のご協力により何とか軌道に乗り、現在では百貨店さまなどをはじめ、国外からもお取引をいただけるようになりました。

現在工場では130名の仲間が共に働き、さらに多くの雇用を創出できるように日々取り組んでいます。お力を貸していただける方はぜひご連絡よろしくお願いします!

会社概要

会社名
Sunday Morning Factory 株式会社
代表取締役
中村 将人
事業開始時期
2017年3月
資本金
1000万円
従業員数
17名(2023年8月現在)
所在地
福岡県福岡市東区多の津4-14-1
事業内容
ベビー服、レディース服、メンズ服の企画・製造及び卸売・販売。衣料品のOEM・ODM企画・製造

公式サイト

KITEN(キテン)毎日着たい、心地の良い服

CONTACT

内容を確認させていただき、
3営業日以内にご連絡を差し上げます。

この事業にお問い合わせ

    お問い合わせ種別

    企業・団体・組織名

    お名前

    フリガナ

    電話番号

    メールアドレス

    お問い合わせ内容