人や地球に配慮した洋服だけを

届けるセレクトショップ


Enter the E
代表
植月友美

 

Enter the E

Enter the Eとは

  • デザイン・品質・経済性を兼ね揃え、人や環境を配慮した洋服だけを世界中からキュレート
  • エコやエシカルに関心がありながらも選択肢が少なく着ることが出来なかった人へ機会を創出
  • 人や環境配慮型のファッションが特別なことではなく、標準化された社会を構築

 

SOCIAL IMPACT


セレクトショップ・Enter the Eの顧客数=エコ&エシカルファッションのコンシューマー数と置いています。

 

SOCIAL BUSINESS

どんな社会問題を解決するか

人や環境配慮型衣料の少なすぎる選択肢

現在アパレル産業は全くサステナブルな環境にありません。世界で2番目に環境汚染をする産業で、世界の温室効果ガスの10%、海洋汚染の20%引き起こしているといわれています。生産、加工をしている地域では農薬や化学染料による汚染で年間7.7万人健康被害を受け、死亡者は3万人にのぼります。年間1,350億着が捨てられ、日本でも30億着捨てられ3R率はわずか26%です。

そんな中「普段のお買物で人や環境に配慮した物を選びたい」と感じている日本の消費者は約半数存在します。その意に反して、約8割の人が価格やデザインの選択肢が少なく買いたくても、買えずサステナブルな衣生活を実践できていません。

どうやってアプローチするか

日本のマーケットに合うテースト幅、価格幅を世界中からセレクト

物理的に環境配慮した衣類ブランドが少ないことが課題ですが、実はこの10年でEUをはじめサステナブルなブランドが600ブランド以上立ち上がっています。環境配慮型のファッションは標準化される日も遠くないと思います。しかし日本で流通している人や環境配慮したブランドはわずか50程度です。

そこで、日本のマーケットに合った商品を世界中から持ってきて、テーストや価格の幅をとり揃えることで一気に実践するハードルを下げます。2つ目にどのように人や環境にいいのかわからないため購入困難という課題があります。そこで①地球に優しい材料②トレーサビリティ③ブランドファウンダーの熱い想い④フェアなど、セレクトの基準とバッググランドの説明を明確にすることで、選びやすさや納得性、安心感を提供します。

この事業が目指す未来

人や環境配慮型のファッションが特別なことではなく、標準化された社会

自分のスタイルにあった人や環境配慮型の服を選択できるようになることで、サステナブルなファッション・ライフスタイルを実践する人が増え、持続可能な社会に変え、人や環境配慮型のファッションが特別なことではなく、標準化された社会を構築していこうと思います。

私たちのセレクトショップは売って終わりにしないサブ事業を将来的にやっていきます。仕入れたものを同時にレンタルする事業、レンタルや販売で出たB品などをリセールする、リユース事業、買取事業も今後展開していきます。「売る」以外のサービスを提供しながら、調達から破棄まで一貫した循環をつくることによりファッションをサステナブルなものに変え、徐々にすべての人へ実践の場を構築していきます。


この事業を創った
事業家

Enter the E

代表 植月友美

GEORGE BROWN COLLEGE、 FASHION MANAGEMENT 卒
19年間アパレル関係に従事。店舗運営、バイイング、商品企画、事業開発、マーケティングなど担当。
2009年服が好きすぎて大量消費し、500万円借金してしまったことがきっかけに、自分のために生きるのではなく大好きな服で社会の役に立ちたいと地獄の底から這い上がる。同年杜撰なファッション業界の環境破壊を目の当たりにし、人や地球に迷惑をかけずに洋服を楽しめる社会をつくることを人生かけてやると決意。
12年務めた小売企業でエシカルやグリーンファッションを何度も提案するもなかなかスケールアップできず、打ちひしがれる。待ったなしに環境が悪化する中、自分がやらずして誰かがやると起業を決意。2019年ボーダレス・ジャパンに参画。

求人情報

に参加しませんか?

 

へのお問い合わせ