障害者が「戦力」として働き、

正当に評価される場をつくる


UNROOF株式会社
代表取締役社長
髙橋 亮彦

 

UNROOF

UNROOFとは

  • “障害者”としてしか働けない就労問題の解決を目指す
  • 精神疾患を持った人を「職人」として育成する
  • 障害にかかわらず正当に評価される社会へ

SOCIAL IMPACT


職人として雇用し育成することで「安定した収入」と「必要な配慮のある労働環境」を提供できるため、工場で働く職人数をソーシャルインパクトとします。


SOCIAL BUSINESS

どんな社会問題を解決するか

“障害者”としてしか働けない就労問題

障害者就労の今の常識でのゴールは『長く働き続けること』です。そもそも「継続して働くこと」以上を求めておらず、障害者は健常者と同じ土俵(評価や待遇など)で働けていない現状があります。

特に精神障害を持つ方の就労率はわずか1.1%である上に、雇用されている障害者は低い給与水準で働いているのです。能力やスキルがあっても、「単純な業務内容」と「低い給与水準」という労働条件はほとんど変わりません。

これらの問題の一番の要因は、企業側が障害者を健常者と同じように戦力としてみていないことにあります。

人口減少にあえぐ消滅可能性自治体

どうやってアプローチするか

精神疾患を持った人を「職人」として育成する

私たちは2017年8月に久米川ファクトリーを設立し、精神疾患を持った人を迎え入れました。精神疾患を持つ人の中には、すごく細かなところに気がつく特性を持っている方が多く、革職人の適性とマッチしていると考えました。革製品の製造には様々な工程があるので、一人一人の得意なこと、特性上難しいことを見極め育成することができます。その上で、高品質の革を使った完全受注生産の自社ブランドを展開します。

移住を阻む、特に仕事面のハードルを解消

この事業が目指す未来

障害にかかわらず正当に評価される社会

革小物の製造・販売を通じて、革職人としてのスキルを身につけてもらいながら、全社員を正当に評価する会社を創っていきます。労働意欲があるにも関わらず、差別的扱いをされたり、給料が上がらなかったり、失業してしまった人たちを雇用し、一人前の職人として育成。能力に応じて昇給も可能な体制を構築し、ゆくゆくは革職人以外の業種にも展開をしていきます。
今後、障害者雇用のロールモデルとなり広く認知されることで、障害を抱えていても健常者同様に会社の戦力として働くことができ、正当に評価されることが当たり前になる社会を目指します。

魅力的なまちで溢れかえる世界を


この事業を創った
事業家

UNROOF

社長 髙橋 亮彦

2014年に大学を卒業、新卒でボーダレス・ジャパンに入社。BORDERLESS FACTORY事業の新規立ち上げを担当し、JOGGO事業に異動。マーケティング統括や戦略立案担当を経て、2017年3月にジョッゴ株式会社の代表取締役社長に就任。2019年1月にUNROOFを立ち上げ、代表取締役社長に就任。
[プロフィールを見る] / [Facebook]

UNROOFの
メンバー

中富 紗穂
社会起業家
なぜこの仕事をするか?
一人でも多くの人を、一つでも多くの社会問題を解決する。ボーダレスならその未来を創ることができると信じています。ビジネスを通してすべての人が『生きることに前向きになれる社会づくり』を実現します。
坂本 実萌
革職人
なぜこの仕事をするか?
『妥協して働く』を『特性を活かして働く』へ 発達障害という個性があっても、職種や労働環境を選んで働ける場所があるということを言葉だけではなく見える状態で発信したいから
高橋 亮彦
社会起業家
なぜこの仕事をするか?
自分の目標は、「障害者全員を社会保障の受給者から納税者に変えること。」障害者の働きやすい環境、障害をメリットにできること、障害にかかわらず正当に評価され働くことのできる社会を実現します。

求人情報

UNROOFに参加しませんか?

UNROOFへのお問い合わせ