ユースフェロー2024 受付開始

子どもたちが自分らしく生きられる社会に

COMPANY
小さな森の学童
ISSUE
子どものこころ

SWITH
TO
HOPE

子ども達の 精神疾患の増加

子ども達が自分らしく 生きられる社会に

SOCIAL
ISSUE

子どもの精神疾患の増加

20年前は子どもは精神疾患にならない、と言われていましたが、今では小学生でも1~2人の発症率。

自分で感情を言葉にしたり、自身を客観視することが難しい子どもたちは、
ある日突然発症してしまうことも特徴です。

OUR
APPROACH

子どもたちが自分らしく生きられる社会に

子どもたちのちょっとした変化に気づける大人がいたり、
子どもたち自身が自分なりの好きなことを見つけ"自分らしく生きる力"を身につけられれば、
無意識のうちにひとりで悩んでしまうことはなくなる、そんな社会を創っていきたいと思います。

STEP OF
SOCIAL IMPACT
  • 01

    ちょっとした変化を近くで見守れる大人を増やす

  • 02

    その中で子どもたちが"好きなこと"を見つけ取り組む

  • 03

    子どもたち自身が"自分らしく生きる力"を身につける

SOCIAL
IMPACT

今年のソーシャルインパクト(2023年度)

利用者数
141

VOICE of HOPE

親も知らなかった"良いところ"を見つけてもらいました

利用者の保護者

本当はもっと子どもたちに関わりたいけれど、なかなかうまくやりくりできなかった私の罪悪感も薄れています。

利用者の保護者

遊びの中で、生活や学習の基盤になるものを育ててもらっていると思います。

利用者の保護者

VISION

子どもたちが自分らしく生きられる社会に

自分で暮らす場所や学ぶ場所を決めることができない子どもたちが、自分らしく過ごしていける社会を作りたい。

この事業の代表

代表

戸倉 恵利香

子どもたちが自分らしくいられる場所。
いろいろな要素がありますが、困った時に助けて!と気軽に言える、かっこつけなくても良い場所、信頼できる人たちがいる場所、そんなところかな、と思っています。

そんな場所を持続可能な形で作り続けることで、近年増え続ける「子どもの精神疾患増加」の問題を解決していきたいです。

私たちと
一緒に働きませんか?

会社概要

会社名
小さな森の学童株式会社
代表取締役
戸倉恵利香
事業開始時期
2021年7月
資本金
1,000万円
従業員数
代表+アルバイトスタッフ4人
所在地
大阪府堺市北区南長尾町5-2-12
事業内容
学童保育

公式サイト

小さな森の学童

CONTACT

内容を確認させていただき、
3営業日以内にご連絡を差し上げます。

この事業にお問い合わせ

    お問い合わせ種別

    企業・団体・組織名

    お名前

    フリガナ

    電話番号

    メールアドレス

    お問い合わせ内容