座右の銘

自分が決めた選択肢を正解にする

なぜこの仕事をするか

日本が好きで働きに来る技能実習生や外国人が悲しむことになって欲しくないから

わたしの履歴書

1997年1月に次男として誕生。

小学1年から野球を初めるが6年生の時に親の意向で中学受験をするため辞める。

中学3年で交通事故に遭い、6週間入院する。この時、毎日のようにお見舞いに来てくれた友達がいて自分は周りに支えられていることに気づく。また、この時いつ死ぬかなんて誰にもわからないと気付き後悔しない日々を過ごしたいと思うようになる。

大学受験をしたくなかったため大学附属校の高校に進学し、3年間バレーボールに励む。

大学1年時に国際ボランティアで訪れたスリランカの孤児院で子供たちに出会う。親のいない子供たちや学校に行けない子供たちをみて今までの僕はとても恵まれた環境で育っていたことに気づく。生まれた場所で人生の選択肢が狭まることに理不尽さを感じ、この経験から誰かのためにできることをしたいと思うようになる。

大学では3年間海外インターンを運営する学生団体アイセックに所属。
スリランカで見た光景が忘れられないため、大学3年の終了時に1年間休学することを決意し、インドとベトナムでボランティアとインターンをする。

ベトナムで、将来技能実習生として日本で働く予定の女性と出会い、話しているうちに自分で仕事を選べなかったと教えてもらう。そこから技能実習制度を調べるうちに多額の借金を背負って日本に働きに来ていること、日本で給料未払いになっている人がいることなど様々な問題があることを知る。

ベトナムで自分が親切にしてもらったこともあり、技能実習制度に関わる問題を解決したいと思い、ボーダレスに入社する。

※入社時の内容のため所属が異なる場合があります。