座右の銘

心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる 運命が変われば人生が変わる

なぜこの仕事をするか

現在、社会とのつながりが薄れ、社会問題についての関心が低下しています。しかし、社会問題は、私たち市民の問題であり、それを解決できるのも、私たち市民です。社会問題の現状や世の中を変えることができるということを全ての人が知る必要であります。そのために、まずは多くの人に社会問題と関わるきっかけを提供します!

わたしの履歴書

1994年10月27日生まれ。

私が社会問題と対面したきっかけは高校3年生の修学旅行でした。貧困層の家庭に健全な生活を営めることができる住まいを提供することにより、貧困の連鎖を断ち切るためのプログラムです。私が行ったことは、家を手作業で一から建てていき、セメントを作り、レンガを運んで、壁を作ってなどの重労働でした。英語が喋れず、現地の方とコミュニケーションが取れない中、無我夢中で取り組みました。

完成した家をオーナーさんに渡す際に、 「本当にありがとう。是非君たちの名前を壁に彫って欲しい。」と言われ、感動し号泣しました。
言葉が全く違い、つい最近出会ったばかりの人からこれほど感謝されたことは初めての経験で、誰でも出来るようなことでこんなに人のために役立つことが自分にでも出来るのだと感じました。
この経験を通して、「自分も何か問題を抱えている人や困っている人の力になりたい。」「自分の出来ることをしていきたい。」と思い、自ら行動するようになりました。

その後大学では、災害ボランティア活動、大学のサークル活動などを積極的に行いました。 特に大学で力を入れた活動は、カンボジアの教育支援を継続的に行っている団体の活動です。
学生団体活動の時はいつも葛藤の連続でした。カンボジアの子どもたちの人生に関わる活動をしているのに、本気になれない人が多く、自己満足で終わっているような気がしました。これではいけないと感じ、カンボジアの教育に少しでも良い変化が生めるような組織にしたいと奮闘しましたが、自分の力不足で、目標にしていたイメージの半分もいかないような結果になってしまいました。

この学生団体の経験を通じて、自分自身にはたまたま社会問題と対面したきっかけがあっただけということを改めて知りました。周りの大学生は社会問題と対面するきっかけさえなく、社会問題についても知らない状態だったのです。
そこで、今後は自分が頂いたきっかけをもっと多くの人に提供しようと考えました。自分が多くの人にきっかけを提供できれば、社会問題に関心を持ってもらうことができ、社会問題が改善していきます。

そのためにボーダレスに入社し、社会問題に関心のある人を増やしていくことで、多くの社会問題が解決していく世の中を実現していきます。

※入社時の内容のため所属が異なる場合があります。