世界中の子ども達が国籍を持ち
夢を追いかけられる社会へ

VISION

SOCIAL BUSINESS

SOCIAL IMPACT

  1. FLOW 01 母国での貧困が原因で、マレーシアへ避難しているフィリピン人不法移民がいる
  2. FLOW 02 不法滞在のため国籍を取得できない子どもたちは、学校にも通えず隠れて暮らしている
  3. FLOW 03 母国フィリピンでの雇用をつくり、家族で帰国してもらう
  4. FLOW 04 親は継続的に働き貧困から抜け出せるよう、子どもは国籍取得後に学校に通えるよう、サポートする

数字で見る


この事業を創った
事業家

アノテーションサポート株式会社
共同代表

河内 将弘

1994年1月生まれ。早稲田大学卒業後、新卒として(株)ボーダレス・ジャパンへ入社。
ボーダレスグループのピープルポート(株)にて、約2年間パソコン整備士として日本に来た難民の人達とともに働く。その後ハチドリ電力事業にて、約1年間システムエンジニアとして働いた後、2021年8月にアノテーションサポート株式会社を創設。
無国籍問題解決への志は、学生時代の教育支援ボランティアで訪れたマレーシアでの実体験がきっかけ。大学時の活動仲間である白石とともに、現在代表を務める。
プロフィールを見る]

社会起業家


この事業を創った
事業家

アノテーションサポート株式会社
共同代表

白石 達郎

1997年生まれ、東京都羽村市出身。大学1年時に参加した学生ボランティアを通してマレーシアで起きている無国籍問題を知る。
無国籍が故に、将来の夢を諦めなければいけない。そんな社会への憤りを胸に単身マレーシアに渡る。
無国籍の子供が通うボランティアスクールで1年間先生を務めるも、ボランティアでは根本的な問題を変えられないことを知る。
帰国後、同年に開始したボーダレスアカデミーの一期生となる。作り上げたプランを実行するため、餅屋を開業するもコロナで休業。
同時に自身の実力不足を認識し、2020年ボーダレス・ジャパンに新卒で入社、同年に開始したRISEプログラムの一期生となる。
RISE終了後、2021年7月に河内と共にアノテーションサポート株式会社を創業。
プロフィールを見る]

RECRUIT

私たちと一緒に働きませんか?

現在募集中の採用はありません。


会社概要

お問い合わせ


    お問い合わせ種別
    企業・団体・組織名
    お名前
    フリガナ
    お電話番号
    メールアドレス
    お問い合わせ内容
    ボーダレス・ジャパンの個人情報利用規約について同意します


    SOCIAL BUSINESS

    どんな社会問題を解決するか

    マレーシアで生活している無国籍の子どもの問題

    母国における貧困により、生きるためにマレーシアへ渡るフィリピン人がいます。彼らは、生活はできても「不法移民状態」。そのため子どもが産まれても行政に出生届を提出できず、結果無国籍に。国籍や正式な在留資格を持たない彼らは学校に通えず、人目を避けて村の中で生活しています。彼らの本音は「子どものことを思うと母国フィリピンへ帰りたい」とのこと。ただ、帰国できない理由は仕事がないからでした。

    マレーシアで生活している無国籍の子どもの問題

    どうやってアプローチするか

    アノテーション代行サービス

    無国籍状態の子を持つ親を雇用し、高品質でリーズナブルなアノテーション業務の代行サービスを、AI開発会社に提供します。母国フィリピンに、家族で帰国してもらい、親は自社での育成を通じてプロのアノテーション作業員として働けるよう、子どもは国籍取得手続きにより学校に通えるようサポートします。
    ※アノテーション:機械学習のAIシステムに学習させるための対象データを作成すること

    アノテーション代行サービス

    この事業が目指す未来

    世界から無国籍をなくしたい

    世界には約1,200万人の国籍を持たない人がいると言われています。彼らに共通しているのは「選択できる権利や自由」がないこと。そのため10歳前後の子どもたちでさえ、すでに将来の夢を諦め、生きるために生活しています。そんな不公平な社会を、「努力すれば夢を追いかけられる」ふつうの社会に変えていきます。

    技能実習生が『日本に来てよかった』と思える社会に

    PICK UP

    Facebook

    Instagram