ユースフェロー2024 受付開始

無国籍者をゼロにして
子どもが挑戦できる社会

COMPANY
アノテーションサポート
ISSUE
無国籍問題

SWITH
TO
HOPE

紛争や貧困を理由に 国籍のない子ども

国籍を取得し子どもが 夢に挑戦できる社会

SOCIAL
ISSUE

紛争や貧困を理由に、国籍を持たない子どもたち

UNHCRによると、世界には約420万人の無国籍者が存在すると言われています。

特にマレーシアには、内戦や貧困を理由に不法入国をしたフィリピン人が多く滞在しており、
彼らの子どもたちは無国籍のため学校に通えず、警察から身を隠して暮らしています。

OUR
APPROACH

国籍を取得し、子どもが夢に挑戦できる社会

成長産業であるAIに不可欠なアノテーション作業を通じて、母国フィリピン雇用を生みます。
安定的な収入を約束することで、家族全員で帰国し遅延の国籍申請を行い、無国籍問題を解決します。

世界中の子どもたちが、夢に挑戦できる社会を目指します。

STEP OF
SOCIAL IMPACT
  • 01

    避難民は在留資格が安定せず、子どもが無国籍になる

  • 02

    親に母国での仕事を約束することで、家族とともに母国に帰国する

  • 03

    母国にて子どもたちは国籍を取得し、学校に通えるようになる

SOCIAL
IMPACT

今年のソーシャルインパクト(2023年度)

国籍を取得した子どもの数
8
帰国した世帯数
2 世帯

VOICE of HOPE

子どもも国籍を取得し、学校に通って自分の将来を選択できるようになった

外の世界に怯えながら生きていたが、今は人目を気にせず外出ができます

VISION

世界の無国籍者ゼロに
すべての子ども達が
夢に挑戦できる社会へ

「世界の無国籍者をゼロにする」をミッションとし、AI開発で必須のアノテーションを通じて、子ども達の国籍取得を支援する会社です。

貧困が理由で国外に避難した親と無国籍の子どもを対象に、雇用(仕事)を約束することで母国に家族で帰国し、
親は自社で働く機会を、子ども達は国籍の取得と公立学校へ通えるよう、サポートしています。

この事業の代表

代表

河内 将弘

無国籍問題は目に見えにくい問題です。私自身もマレーシアで8歳の子どもに出会うまで気づきませんでした。現地の子どもに「将来は警察官になりたいけれど、無国籍だからなれないんだ」と言われたとき、世の中の不平等さに憤りを感じ、無国籍問題をなくすために、自分の人生をかけようと決意しました。

会社概要

会社名
アノテーションサポート株式会社
代表取締役
白石達郎、河内将弘
事業開始時期
2021年8月
資本金
1,000万円
従業員数
8名(業務委託含む)
所在地
東京都新宿区市谷田町2丁目17番八重洲市谷ビル10F
事業内容
AI(人工知能)のアノテーションサービス

公式サイト

アノテーション専門代行サービス「アノサポ」

CONTACT

内容を確認させていただき、
3営業日以内にご連絡を差し上げます。

この事業にお問い合わせ

    お問い合わせ種別

    企業・団体・組織名

    お名前

    フリガナ

    電話番号

    メールアドレス

    お問い合わせ内容