多国籍コミュニティシェアハウスで

差別偏見のない社会をつくる

ボーダレスハウス株式会社
代表取締役社長
李 成一


ボーダレスハウス

ボーダレスハウスとは

  • 日本に暮らす「外国人」に対する差別や偏見の問題解決を目指す。
  • 外国人と日本人が一緒に暮らすシェア型住居を展開中。
  • 真のグローバル市民たちが創る、相互理解のあるコミュニティ基盤にしたい。


SOCIAL IMPACT

シェアハウスの共同生活を通じて文化や背景が異なる人を深く理解し、価値観が変わった人が差別・偏見のない世の中をつくる土台になると考えているので、累計入居者数をソーシャルインパクトとしています。


SOCIAL BUSINESS

どんな社会問題を解決するか

共同生活を通して差別・偏見をなくす

「外国人」が日本で部屋を借りる場合、「外国人」というだけで家主が断ることが多くあり、安心できる住まいの確保は容易ではありませんでした。また、外国人留学生のケースでは、学校では周りは外国人ばかりで、日本にいるのに実は日本人とまともに接する機会がないことも。

一方で「日本人」は「外国人」を外見や国籍、文化の違いから特別視してしまったり、無意識のうちにネガティブな固定観念を持ってしまうことが多くあります。その差別偏見意識を払拭するには相手と深く知り合う機会が必要ですが、そのような場が今の日本社会には十分にないのが現状です。

住居をただシェアするだけではなく家族のような絆を育むために、各ハウスの生活ルール(掃除、ゴミ捨てなど)は原則、入居者同士が考えて実行しています。生活の中で生じる衝突を乗り越えることで、家族のようなコミュニティができています。また、この経験を経て入居者1人ひとりのコミュニケーション力も向上しています。

共同生活を通して差別・偏見をなくす

どうやってアプローチするか

外国人と日本人が一緒に暮らすシェア型住居

日本に留学に来ている「外国人」と、外国に関心のある「日本人」に「保証人や高い初期費用なく入居でき、国際交流ができる住環境」を提供してきました。そこで家族のようなコミュニティを築いてもらうことで、国を越えた、人と人の相互理解を促しています。シェアハウスという一つ屋根の下で生活を共にしていると、楽しいこともあれば、ぶつかり合うことも。しかし、そうしてあらゆる時間を共有していくことでお互いの文化や価値観を深く理解しあい、差別や偏見のない人間関係を築いていくことができます。

外国人と日本人が一緒に暮らすシェア型住居

この事業が目指す未来

真のグローバル市民たちが創る、相互理解のあるコミュニティ基盤

ボーダレスハウスという一つ屋根の下の国際コミュニティで、広い視野や柔軟性を培い、偏見を持たない若者=真のグローバル市民を多く輩出していきます。人種や国籍関係なく自身のバックグラウンドに誇りを持ち、差別せずお互いを尊重しあって共に暮らしていける社会を目指します。

真のグローバル市民たちが創る、相互理解のあるコミュニティ基盤

STORIES

「ハウスメイトは家族のような存在です」

日本語学校に通うために来日しましたが、初めは日本がどういう国なのかもわからず、とても不安でした。でも、ボーダレスハウスに入居して、日本人や他の国のハウスメイトがたくさんのことを教えてくれました。また、ただ家をシェアしているだけではなく、ハウスメイトと一緒に出かけたり、ゴミの分別や掃除を助け合ったりなど、日々の生活の中で楽しいことや大変なこと辛いこと全てを共有するので、ハウスメイトが家族のような存在になりました。 (原宿北参道ハウス Abigailさん/アルゼンチン)

「自分に自信がつきました」

ボーダレスハウスに入居して、色々な国の人と物怖じせず話せるようになりました。ハウス外でも、寿司屋で隣に座ったスコットランド人に話しかけたり、アルバイト先で香港の人と気軽に英語で話せるようになったり、自分の関わる人の幅がすごく広がりました。ボーダレスハウスでの生活を通じて英語話せるようになったり、外国人の友だちがたくさんできたことが、自分への自信につながりました。ボーダレスハウスに住んでいるだけで大したことはしていないのですが、こういった環境やスタッフのサポートが自分に変わるきっかけを与えてくれました。 (新宿中井ハウス Kaitoさん / 日本)

この事業を創った
事業家

ボーダレスハウス株式会社
代表取締役社長

李 成一

韓国人の祖父を持つ在日コリアンとして、1981年7月大阪府に誕生。小中高と朝鮮学校を経て、近畿大学卒業、2004年株式会社ミスミに入社。商品企画開発から営業、マーケティング、ファイナンスなど経営に関わる全ての実務を学び、2011年ボーダレス・ジャパンに参画。BORDERLESS HOUSEの国内事業統括を経て、BORDERLESS KOREAの立上げを務め、自身の目標であった「韓国でビジネスをする」という想いを実現。韓国ソウルで事業を軌道にのせた後、日本に帰国後ボーダレスハウスの社長に就任。社会問題をビジネスで解決する「コミュニティ事業屋」として、一つでも多くの事業を創り、一人でも多くの人に真の幸せと喜びを届けられる事業家になるため、また、世界中の人が自分のルーツに誇りを持てる社会を創るため、ビジネスの最前線で爆進中!
プロフィールを見る / ブログを読む

ボーダレスハウスの
メンバー

横田 彩子
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
国籍やバックグラウンド関係なく人と人がいろんなことを共有し共感できる機会を提供することで、お互いの深い理解を促し、偏見のない社会、人々がより広い視野を持てる社会にしたいと考えています。
大井川 卓
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
国籍・年齢・性別問わず、人との“出会い”が新しい気付きをもたらし、人を成長させると考えています。便利な世の中だからこそ、そんな“繋がれる場”を1つでも多く形成し1人でも多くの人に価値を届けていきます。
古谷 優佳
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
世界中の人がお互いを理解しようと思えたなら、きっと争いはなくなる。世界中に家族のような仲間が出来たなら、人生はとてつもなく彩ると思う。そんな場所を一つでも多くつくりたいと思っています。
渡部 兼久
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
海外に住んでいたときに様々な人達に助けてもらい、今度は自分が海外から来日する人達の手助けをしたい。そして世界中の困っている人達を救いたい、こういった想いでボーダレスハウスで日々精進しています! 
品川 由理亜
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
私にとっての世界とは、これまで出逢えたすべての人でした。世界中で暮らす大切な人たちが、産まれた環境や国籍、性別、年齢に左右されず、可能性に挑戦できるボーダレスな社会をつくりたいと思っています。
松本 詩織
店長
なぜこの仕事をするか?
一言で言えば、こどもたちの可能性を、こどもたち自身が信じることのできる社会を創りたいからです。どんな困難に直面するこども達でも、自分らしく、自分の人生を歩める、そんな社会を目指して頑張ります!
齋藤 遼介
Webデザイナー
なぜこの仕事をするか?
この仕事をしている皆のことが大好きだからです。27インチの小さな世界(モニター)で作ったものを、とても大きくて広い世界中の人に届けてくれます。その恩返しをしたいです。
橋本 浩平
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
「国籍も育った環境も異なる人々をつなぐ場所を創り、差別偏見のない社会を実現する」そして人の人生に大きなきっかけを与えることができることにやりがいを感じこの仕事に励んでいます。
先納 絵美子
Webデザイナー
なぜこの仕事をするか?
母となったことで、子供たちが未来にわくわくするような、子供を持つ女性に自分らしく働いて生きる選択肢が当たり前に存在するような社会にしたいと思うようになり、日々走り続けています。
國分 香奈
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
異なった環境や文化をバックグラウンドに持つ人達でも理解し合える社会を作りたい。「国籍や肌の色は違うけど同じ人間」そんな考えや経験を持った人達をたくさん輩出し、ボーダレスな社会を作っていきたいです。
瀬戸川 麻結
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
今の自分を作っているのは、国や世代を越えた様々な人との出会いでした。同じように自分を、人生を変える出会いに溢れる"コミュニティ"を広めることで生きやすい社会に変えていく、そんな仕事に誇りを持っています。
張 恵順
支店長
なぜこの仕事をするか?
全ての人が出会いを通じて自分自身の存在や価値観を肯定的に捉え、それを誇りに思って生きていける''場''、''きっかけ''を一つ一つ作っていき、結果的に誰もが自分らしく生きていける社会を作ります。
上原 千紗
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
同じ屋根の下で毎日一緒に笑って泣いて、悩んだ時もいつも家で「おかえり」と言ってくれる人がいる。気付いたら友達を超えて家族になっている。不思議だけど大きな価値のあるこの体験を、これからも提供し続けます。
山本 崇人
支店長
なぜこの仕事をするか?
国籍や生まれ育った環境関係なく、一人ひとりがお互いに関心と尊敬の思いを持ちながら繋がっていける社会を創りたい。このコミュニティ事業を通じて、その想いを実現していきたい!
金 東炫
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
人と人が出会って、友達にも家族にもなります。誰かの人生が変わる瞬間を手伝うこと。出会いが広がり、世界が変わる瞬間を手伝うこと。その瞬間が幸せです。
八重﨑 梨子
ハウスマネージャー
なぜこの仕事をするか?
世界中から集まった生い立ちも言葉も異なる人たちが「一つ屋根の下、一つの家族になる」そんな素敵な場所をつくりたい。様々な価値観を持った入居者さんとの出会いが、私がこの仕事を続けるパワーをくれます。

受賞歴・メディア掲載


ボーダレスハウスへのお問い合わせ