採用情報をみる

次世代リーダーを育成する出向プログラム「ゼロイチ出向」の名称を「HOPE」にリニューアル

次世代リーダー育成出向プログラムHOPE

ボーダレス・ジャパンが提供していた、新規事業開発の人材育成プログラム「ゼロイチ出向」を、新規事業開発の人材育成だけでなく、既存事業も含め、未来を切り拓く変革人材を育成する出向プログラムとして、名称を「HOPE」にリニューアルしました。直近では、トヨタ自動車株式会社等の大企業の次世代リーダーをボーダレス・ジャパンのグループ事業で受け入れを実施。ソーシャルビジネスの現場で実践しながら、起業家精神や経営について学んでいただく機会を提供します。
詳細:https://www.borderless-japan.com/hope

次世代リーダーを育成する出向プログラム「HOPE」とは

ボーダレス・ジャパンと大企業の皆様と「会社、そして社会の未来を創る」若手のホープを増やしていきたいという想いを込めて、次世代リーダーを育成する出向プログラムの「HOPE」をつくりました。


より大きなソーシャルインパクトを出すには、ボーダレス・ジャパンの力だけでは限界があります。
圧倒的な技術力、リソースを持っている大企業の皆さんと一緒に、「会社を変え、社会を変える」人材を増やすことが、ソーシャルインパクトの最大化につながると考えています。


まずは人材交流を通じて、ソーシャルビジネスのノウハウ共有ができればと、今年から本プログラムを提供開始しました。「HOPE」は、半年から1年間にわたり、ソーシャルビジネスの現場で働く、実践型の次世代リーダー育成プログラムです。

プログラムで身に付く力

(1)ソーシャルインパクトから考える経営視点
ソーシャルインパクトを事業KGIに置くことで、どのように経営戦略を考え、経営判断を行うのか、実践を交えながら経営視点を身に付けていきます。

(2)自ら決断し、実行する力
ブランド力もない、リソースもない環境下で、自ら課題を見つけ、考え、決断し、実行することで、価値創造する力を養うことができます。

(3)既存ルールをも壊し、新たに切り拓く力
社会問題を間近に感じるからこそ、「こうしたい」という自分の意志が芽生え、ルールに縛られず、課題解決のために挑戦できる環境があります。

力が身につくボーダレスならではの環境

(1)最速・最大の結果にこだわる環境
ボーダレスグループ事業にメンバーの一員として入っていただき、以下のような環境下で日々経験を積んでいただきます。
■朝令暮改の場に身を置ける
■無駄なことは一切しない
■自ら「やりたい」を決める

(2)起業家精神や経営を肌で学べる場
ボーダレス・ジャパンの起業家に提供している学びの場で、起業家精神や経営・事業開発ノウハウを学んでいただきます。
■ソーシャルビジネス経営のリアルが学べる「戦略会議」
■事業を成功させるノウハウが学べる起業家向け「経営道場」
■新規事業立ち上げに必要な知識を詰め込んだ「ボーダレスアカデミー」

ボーダレスアカデミー詳細:https://academy.borderless-japan.com/

多種多様な受け入れ先事業

16カ国49以上の事業があり、途上国の貧困、地球温暖化、児童労働、日本における難民雇用、ホームレスの就労など、多岐にわたる社会問題を解決するための事業を展開しています。
当プログラムに参加いただく社員の方のスキル、またプログラム受講後に立ち上げたい事業テーマにあわせて、最も適した事業にて受け入れさせていただきます。

ソーシャルビジネス一覧

ソーシャルビジネス一覧:https://www.borderless-japan.com/social-business/

導入企業

トヨタ自動車株式会社等の大企業で導入いただいています。

プログラム概要

期間:6ヶ月から1年間 ※ご要望に応じて設定します
拠点:東京、福岡中心となりますが、受け入れ事業によって異なります
費用:詳細はお問い合わせください

当プログラム詳細&お問い合わせ先

詳細:https://www.borderless-japan.com/hope
お問い合わせフォーム:https://www.borderless-japan.com/hope#infomation

Other

同じカテゴリーのプレスリリース