日本では主に女性に多いといわれている貧血。出血、鉄分不足、遺伝子異常など様々な原因がありますが、主たるものは鉄分不足だといわれています。
今日のテーマは、「鉄分不足」です。

鉄分不足の典型、貧血

貧血は鉄分不足の典型的な例です。貧血についてもう少し述べると、赤血球を構成するヘモグロビンは、からだ中に酸素を運ぶ際に重要な役割を果たしています。ヘモグロビンは、ヘムという鉄を含むたんぱく質と、グロビンというたんぱく質でできています。このヘムが不足すると、赤血球が作られず、貧血となってしまいます。

貧血は大量に出血した時にも起こります。女性は、周期的にめぐってくる生理が出血を伴うため、貧血になりやすいといわれています。大人の貧血・鉄分不足は動悸や息切れ、めまいなどを伴い、生活にも影響を及ぼしています。

また赤ちゃんは成長に伴い、母乳のみでは栄養が不十分になるため、気づかないうちに貧血になりやすいといわれています。赤ちゃんの時から慢性的に鉄分が不足していた場合、肉体的・精神的な発育不全を引き起こすリスクが高まります。

ironfish-04

途上国で深刻な鉄分不足

鉄分不足は貧困層で深刻になります(かれらは鉄分以外の栄養素も不足しがちです)。一説によると、鉄分が不足している状態の人々は、世界中で30億人にも上るといわれています。

WHOの調査によると、アフリカや南アジアなど後発発展途上国の大半の国で4割以上、ひどい国では6割以上の妊婦が貧血状態にあるといわれています。乳児の貧血割合も多くの国が4割以上となっているなど深刻な問題です。

今回の舞台は、そのような後発発展途上国に含まれるカンボジアです。カンボジアでも、人口の約半分にあたる600万人が鉄分不足であるといわれています。

鉄の魚

どうすれば途上国でも鉄分不足を解消できるのか。その解決策は意外とシンプルです。

日本の伝統工芸品である南部鉄器で沸かしたお湯には、鉄分が多く含まれていることをご存知でしょうか?このように、鉄製の調理器具を使うと調理のたびに少しずつ鉄分が溶け出すので、鉄分の補給可能です。

ironfish-01

つまり、鉄分の最も簡単な補給方法は「鉄の塊を料理に入れること」です。カンボジアで南部鉄器の代わりに登場したのが、鉄の魚“Lucky Iron Fish”です。文字通り魚の形をした鉄の塊です。

なぜ魚の形か

鉄を入れるだけでいいなら、なぜ魚の形をしているのでしょうか?

鉄を入れることで鉄分の補給になるとはにわかには信じられません。しかも何の変哲もない直方体の鉄の塊を食べ物の中に入れるのは抵抗がありますし、数週間後には入れ忘れるようになって、最終的になくしてしまいそうです。

魚の形にすることは、料理に入れる際のハードルを下げる意味合いがあります。カンボジアでは魚は幸運の象徴といわれています。

ironfish-02
出典:http://world-topics.net/iron-fish-that-saves-poverty/

鉄の魚を料理に入れることで、栄養を補給でき、体調の改善につながる。幸せになれる。このようなストーリーを持たせました。これなら現地の人も理解がしやすくなり、調理に入れるハードルを下げることができます。

9ヶ月の利用で貧血が改善

お湯を沸かす際に10分間入れておくことで、1日の摂取量の75%をとることができるとされています。実験でも、9ヶ月間これを料理に入れることで、利用者の主観的な体調も改善された上に、貧血で来院する患者数が50%になり、使用者の血中鉄分量も増加したようです。さらに、鉄分不足を解消することで、学校を休む子どもが減り、仕事の生産性が上がるなどの社会的なインパクトも出てきています。

現地で雇用を作る

Lucky Iron Fishは、カンボジアの小さな職人たちが作っています。またパッケージにはカンボジア産の素材を使用しており、その組み立てなどに地雷の被害に遭った障害をもつ人々などを雇用しているようです。

現在では、TOMSのOne for Oneと同じように、一つ買うと一つが必要としている家族の元へ届けられるというシステムを採用しています。

ironfish-03

鉄分不足という、見えないもの

Lucky Iron Fishは、まだまだ取り組みとしては小さなものかもしれません。しかし、鉄分不足に取り組むという点で意義があるといえます。

鉄分不足や貧血は、マラリアや結核などと違って気づかれにくいものです。貧血や鉄分不足は、高熱が出たり、咳がひどくなったりという症状がないため、「なんだか調子が悪い」程度で済まされ、放置されます。そしてちりも積もれば山となる結果、貧困問題や経済発展にも大きな影響を与えています。

鉄は各国で作られているので、他国で展開する場合にも、形を魚から現地のものにローカライズすることで対応が可能になるなど、汎用性も大きいといえます。これに現地の力を使って取り組むことで、雇用も生み出せるとなると、立派なソーシャルビジネスであるといえます。

ちなみに鉄分不足は、日本を含め先進国でも近年問題になっています。やはり妊婦や赤ちゃんが多く、食生活の変化や偏りが原因といわれています。もしかしたら日本でも、鉄の魚が見られる日が来るかもしれませんね。