ミャンマーオフィスより加藤です。

ミャンマーで展開している事業について、ヤフーニュースオルタナSなどで紹介していただきました!私がソーシャルビジネスに関心を持ったきっかけなどを取材してもらいました。

さて、私たちの会社「ボーダレスジャパン」は、社会問題を解決する"ソーシャルビジネス"しかやらない会社です。

今でこそ日本でも知られるようになってきましたが、それでも私が友人などに「何の仕事やっているの?」と聞かれ「ソーシャルビジネスなんだけど…」と答えると、ぽかんとされることも未だ多いです。

所変わってミャンマーでは、"ソーシャルビジネス"という言葉は、案の定とても理解されにくいです。
村人も、役所も、ミャンマー人のご近所さんも「ビジネスですか?NPOですか?どっちでもないなら一体何ですか?」といった具合。村でソーシャルビジネスなんて言葉を知っている人はもちろんいません。

村人へインタビューする時も、役所に許可を取りにいく時も、「NPOです!貧しい村を助けたいです!」と言えば、受け入れられやすいのだと思います。私たちの場合は、「ソーシャルビジネスで、貧しい村を助けたいです!」と言うことになり、営利目的ですか?それで本当に村が助かるんですか?といぶかしがられます。
ビジネスという言葉だけを見られると、お金稼ぎという観念が強く、あまり良い印象を持たれません。

IMG_unicef
ユニセフなどのNPOが水や電気などの支援をしているため、NPOの認知度は低くない

ミャンマーにはNPO/NGOが多く存在しますが、ソーシャルビジネスはまだ一般的には知られていません。
もちろんNPO/NGOにしか出来ない支援もあるので、そこは住み分けがあります。下記に記すようにソーシャルビジネスで解決していく方が、インパクトが大きく持続可能性の高い場合もあります。

・ソーシャルビジネスの可能性
NPOだったら寄付に頼らざるを得ない部分もあります。寄付の獲得は決して安定的ではないし、寄付金額によって支援のボリュームも左右されます。途絶えてしまえば困るのは支援されている側です。
ソーシャルビジネスは、村にも利益をもたらし続け、自分たちも利益を得る経済循環型で継続的にインパクトを出していくことができるのです。

IMG_stockin
お店にモノを仕入れているところ

BORDERLESS LINK も僻地の貧しい村を助けることが第一の目的ですが、モノの仕入値を出来るだけ安くすることで、自分たちも利益を得て、村にも適正価格でモノを届けています。
一方的な支援ではない「ソーシャルビジネス」というカタチで、継続性とインパクトを追っていきます。

彼らにとっては新しい概念であり、確固たる意義のある「ソーシャルビジネス」。
知られていないから不審がられることもある私たちですが、知られていないからこそ私たちからソーシャルビジネスをこの国に広めていきたい、そう思って地道に活動の意義を伝え続けています。