スラムの女性たちの
貧困問題を解決する

VISION

SOCIAL BUSINESS

SOCIAL IMPACT

  1. FLOW 01 スラムの女性が貧困から抜け出し、子どもが学校に通い続けるために、
  2. FLOW 02 母親に安定して収入を得られる雇用を創出。
  3. FLOW 03 母親が経済的に安定し、子供が学校に通い続けられるようになる
  4. FLOW 04 貧困の連鎖から抜け出し、夢を叶えられる社会

体験者から見る

シェヘナーズさん / インド

旦那から家庭内暴力を受けて別居しており、養育費も出してもらえず生活がギリギリだったが、ここにきて仕事ができて助かっている。プロの掃除のやり方を学べて、お客さんにも褒められてうれしい。

プシュパさん / インド

過去に雇い主から不当な扱いを受けてもうメイドの仕事を辞めたいと思っていたけど、ここでは人間らしい生活ができるようになり、新しい事も学べて、人生が変わった。
 

SOCIAL IMPACT

Sakura Home Serviceソーシャルインパクト

数字で見る


この事業を創った
事業家

BLJ International Services
代表取締役社長

水流 早貴

1992年生まれ。岐阜県出身。都留文科大学卒業。学生時代にバックパッカーで訪れたインドで目の当たりにした貧困に衝撃を受けて、インド現地企業・NGO、フィリピンの社会的企業でインターンに参画。近い将来インドで事業を立ち上げるための修行として、2016年パーソルキャリア株式会社入社。約2年半、人材紹介事業で法人向けに採用コンサルティングに従事。在職時に、行政受託事業でプロボノ、インドネシアの社会的企業でインターンに従事。退職後2018年11月にボーダレスジャパンに入社し、ビジネスプランを創り、2019年7月より事業立ち上げのためインド渡航。
[プロフィールを見る
[Facebook / Twitter

社会起業家

RECRUIT

私たちと一緒に働きませんか?

現在募集中の採用はありません。

 

会社概要

お問い合わせ


お問い合わせ種別

企業・団体・組織名
お名前
フリガナ
お電話番号
住所(都道府県)

住所(市区町村)
メールアドレス
お問い合わせ内容
ボーダレス・ジャパンの個人情報利用規約について同意します


SOCIAL BUSINESS

どんな社会問題を解決するか

学歴やスキルがないためどこにも雇用されない女性の貧困問題

世界第二位の人口、GDP成長率7.3%と急成長を遂げるインド。一方で、貧富の格差は益々広がり、約3億人が1日1.9ドル以下で生活しています。貧しい人々は、地方から仕事を求めて都市部に出てきますが、教育を受けていないためどこにも雇用されず、多くの人は個人のメイドや、ゴミを拾ってリサイクル業者に出すことで生計を立てています。その中でも、社会的地位の低い女性は厳しい状況に置かれています。低賃金、無休で働かざるを得ず、母親は教育の重要さを認識しているものの、子どもを学校に通い続けさせることができず、その子どももまた母親と同じように貧困から抜け出せずにいます。

学歴やスキルがないためどこにも雇用されない女性の貧困問題

どうやってアプローチするか

プロフェッショナルな家事代行サービス

母親としての強みである家事スキルに付加価値を付けて、プロフェッショナルなお掃除サービスを主にインド人富裕層に提供しています。自社でマナー・掃除スキルの研修を行い、プロとして働きます。自社で雇用する際、子どもを通学させることを条件としています。

プロフェッショナルな家事代行サービス

この事業が目指す未来

理不尽な環境に生まれたとしても、
貧困から抜け出せる社会を目指す

教育を受けておらず、スキルがないためどこにも雇用されないスラムの女性が、プロのとしての掃除スキルを身に着けて安定した収入を得て、貧困から抜け出せる社会を目指します。母親の収入をあげて子供が学校に通い続けることで、理不尽な環境下に生まれても貧困から抜け出せる社会を目指します。また、スラムの女性たちが自立し、誇りをもって働ける仕事を創っています。

理不尽な環境に生まれたとしても、貧困から抜け出せる社会を目指す