バングラデシュから
児童労働をなくす子ども服

Corva 社
社長
中村将人

Corva

Corvaとは

  • 東京、千葉(柏市、印西市)、福岡(福岡市、筑紫野市)に直営店舗を5店舗展開
  • 博多阪急や大丸などで期間限定店舗をオープン。
  • 2016年よりバングラデシュ自社工場にてアパレル部門の稼働を開始。

HISTORY

これまでの歩み
2013.12

オンラインショップにて親子お揃いエプロン販売開始。

2014.03

兄妹シャツとワンピースの販売開始

兄妹シャツとワンピースの販売開始

2015.03

マリノアシティ福岡に第一号店オープン。

マリノアシティ福岡に第一号店オープン。

2015.05

ベビーとキッズのお揃いシリーズの販売開始

ベビーとキッズのお揃いシリーズの販売開始

2015.08

東京 ・代官山に2号店オープン。

2015.08

サイズ展開を拡大(60-150+大人用S M Lの11サイズ)

2015.10

大丸 福岡天神店に期間限定ポップアップショップオープン

2015.11

イオンモール筑紫野に5号店目オープン。

2016.02

バングラデシュの自社工場稼働開始。

バングラデシュの自社工場稼働開始。

2016.03

博多阪急に期間限定のポップアップショップオープン

SOCIAL IMPACT

ソーシャルインパクト
児童労働を無くすため子ども服の縫製を担う
バングラデシュ工場の職人雇用者数

SOCIAL BUSINESS

ソーシャルビジネス紹介

家族でおそろいを楽しむ子ども服

親子、兄妹のお揃いをコンセプトに

おそろいの服を家族で着る。ただそれだけで、不思議と温かく幸せな一体感が生まれる。そんな子供たちの姿はみんなを優しい気持ちにさせてくれる。 しかし、そんな”おそろい”が出来るのは、これまで兄弟・姉妹だけでした。そこでCorvaは、これまであまり無かった親子、そして歳が少し離れていてるベビーとキッズ(70cm〜120cm)でも楽しめるおそろいをコンセプトとした子供服を創りました。

もちろんこれまで同様、兄弟・姉妹でも着て頂けます。
また、製造から販売まで一気通貫で行っているため、価格もお買い求めしやすい”安心価格”で提供しています。 そんなに急いで大人にならないでと思うほど、子供はあっと言う間に成長してしまいます。 ぜひ、今しかできない家族での“スタイリッシュなおそろい”をCrovaで楽しんで頂けたらと思います。

今しかできない親子・兄妹のお揃いを

事業立ち上げのきっかけ

バングラデシュで見た児童労働

Corvaは、当社の革製品を扱う事業「JOGGO」や「Business Leather Factory」と同様に、バングラデシュのダッカで工場長を勤めるファルク・ホセインから「バングラデシュの貧困状況」を聞いた事がきっかけでスタートしました。 バングラデシュで何ができるのか、実際にバングラデシュを訪れてみて感じ事こと。それは、幼くして働いている子供たちの多さでした。訪問した先々の工場で出逢う子供たち。みな表情はうすく、子供特有の無邪気さは全く感じませんでした。国は人です。子供たちが幼い頃から働いている環境では、覇気を失い、負の連鎖から抜け出すこともできません。そこでまずは、親に子供が働かなくてよい十分な収入を約束できる仕事を創ろう。その想いを強く持ったのです。

こうして、バングラデシュの強みであるコスト競争力と丁寧な縫製技術を活かした子供服のアパレルブランドが”Corva”です。だから、Corvaは絶対に販売量を減らすことができません。販売量をどんどん増やし1人でも多くの雇用を創ることが私たちの使命なのです。

今しかできない親子・兄妹のお揃いを

児童労働を無くすために

貧困家庭の子供たちを学校に

バングラデシュの貧しい家庭には、家計を支えるため学校へ行かず、幼い頃から働き始める子供たちがたくさんいます。 そうして大人になった彼らは、安定した職につくことが困難で“貧困”という負の連鎖が続きます。Corvaはバングラデシュの強みである”縫製技術”を活かしたアパレルブランドの自社工場を貧困地域につくり、貧困家庭の方を積極的に採用すると共に、その子供たちが学校に通える環境づくりを行います。

バングラデシュから児童労働をなくすために

事業リーダーが目指す理想の社会

三方良しのバランスがとれた社会

誰かの犠牲の上に、誰かの幸せがあるのではなく、みんなが幸せになる社会を目指します。 Corvaのお客様の多くは子供が幼い親御さんです。ちょうど子供が生まれ、子供の健康や将来について真剣に考えるタイミング。Corvaはこの未来や環境について感度が高くなっている時期に、商品を通して、その背景や、私たちの環境への取り組みを伝え、お客様に意識を高めてほしいと思っています。消費は投票と同じです。ただ何も考えず安いものを買うのでなく、みんながちょっとその商品の背景について考えるだけで、行動するだけで世の中は変わります。 もし、ある商品をその会社が児童労働を行っているという理由で私たちが買わなくなれば、その企業は児童労働を辞めざるをえません。

Corvaは企業活動を通し、地球市民としてみながバランスのとれた三方良しの社会を目指します。

事業リーダーが実現したい理想の社会