アルバイト採用 ソーシャルビジネスに携わるシゴト

たくさんのご応募、ありがとうございました!

日本での難民雇用創出を目指す、電子機器のリユース・リサイクル事業でのアルバイト

テーマ:日本の難民・移民
接客 神奈川県

どんな社会問題にアプローチしているか

経済的貧困、社会的孤立から抜け出せない日本の難民

日本にも、世界中から紛争や政治的迫害を理由に多くの人が逃れてきています。そんな彼らの多くは日本語が話せないため、就労の許可を得たとしても、ほとんどがアルバイトのような働き方で収入が安定しません。生活を安定させようにも日本語が話せないために、高い専門スキルを持つ人でも仕事の選択肢が限られています。無料の日本語教室もありますが、通うには仕事を休まなくてはならないため、「働くこと」と「学ぶこと」を両立できず、貧しい状態から抜け出せずにいます。
一方で、信頼できる日本人の友人もなかなか作ることができないため「日本での居場所」ができず、孤立した状況での生活を強いられています。

この仕事について

お客さまも大喜びの訪問回収

多くの企業が処分に困っているパソコン類を直接引き取りに行くお仕事です。様々な業種の企業を訪問できるだけでなく、多くの場面で温かい感謝の言葉をいただけるので、日々やりがいを感じることができます。
毎年パソコンだけで数百万台が廃棄されています。ピープルポートでは、企業や各家庭で使われなくなったパソコンなどの電子機器を回収し、整備をして再販売、および分解をして資源として再販売をしています。その整備、分解の仕事で難民の雇用創出に取り組んでいます。
一方、回収する電子機器の種類と台数に応じて一定額を「日本の子供たちを支援するNPO団体」に寄付する取り組みを行なっており、回収すればするほど仕事を得られる難民の数が増え、そして子供たちの将来をサポートすることにもつながります。

働くメンバーから一言

難民と呼ばれる方達が自分らしく生きられる社会を作りたい

ピープルポートは2017年の12月に始まった新規事業で、現在は難民の方含め5名のチームで、ゼロから事業を作っています。事業は成長の真っ只中ですが、より多くの難民の方を迎え入れるためにはまだまだ多くの課題が残っています。日本人のメンバーも社会的な課題に関心を持ち、様々な分野で活躍をしてきた人間が集まっています。
難民と呼ばれる方たちも、一人一人とても優秀で素敵な個性を持っています。そんな彼らが、まずは安心して働けて、信頼できる仲間が得られる場所を作りたい。そして、個々人の個性を活かした将来を描けるような場を作りたいと考えています。日本発の世界全体の問題を解決するソーシャルビジネスに、お力を貸していただけると嬉しいです!

一緒に働くメンバー

職種
訪問回収スタッフ
仕事内容

・電子機器の訪問回収(社用車を使用)
・訪問先法人担当者とのコミュニケーション

求める人物像

①人とのコミュニケーションが好きな方
②体力・力仕事に自信がある方
③ピープルポートの理念に共感をいただける方

応募条件

・普通自動車第一種運転免許

雇用形態
アルバイト
勤務地

神奈川県横浜市港北区菊名6丁目14−7 美装マンション1階
(訪問回収のエリアは神奈川県、東京23区)

勤務時間

9:00-18:00(実働8時間)
週2回以上、上記時間にて勤務可能な方

休日休暇

土日祝祭日

給与

時給1,000円~
※交通費、残業代支給

選考プロセス

・WEBエントリー

・書類選考

・面接(オフィス、オンライン両方可)(社長)

募集人数

1,2名

※ 募集は終了しています。

ボーダレスマガジンでは、新着求人情報を受け取ることができます