報道関係者各位
プレスリリース

2015年07月23日
株式会社ボーダレス・ジャパン


世界各国のソーシャルビジネスに関する情報を集結

ボーダレス・ジャパン「ソーシャルビジネス総合研究所」を発足

~認知向上とソーシャルビジネス分野における優秀な人材の確保が目的~


株式会社ボーダレス・ジャパン(東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成 http://www.borderless-japan.com/ )は、ソーシャルビジネスへの認知や関心を高め、この分野全体の活性化を図るために、世界各国で展開されているソーシャルビジネスやソーシャルプロダクトを紹介していく、「ソーシャルビジネス総合研究所」を当社福岡オフィス内に設立し、ホームページ上にて情報を公開いたします。

■ソーシャルビジネス総合研究所 ホームページ
http://www.borderless-japan.com/socialbusinesslabo/
株式会社ボーダレス・ジャパン 福岡オフィス内
Tel. 092-292-5791

pressrelease_0723_01

現在世界には、貧困、飢餓、医療問題、砂漠化、地球温暖化、環境問題、高齢化社会、農業など、取り組むべき「社会問題」が山積しています。一方で、世界各国の社会起業家によって、社会問題を解決するソーシャルビジネスが次々と誕生しています。

ソーシャルビジネス総合研究所では、取り組むべき社会問題の提案、ソーシャルビジネスやソーシャルプロダクトの事例、ビジネススキームや、ソーシャルビジネスの創業者・担当者のインタビューなどを定期的に紹介していくことにより、日本国内で高まっているソーシャルビジネスへの関心をさらに高めると共に、より深い理解へとつなげることで、有能な人材のソーシャルビジネスへの参入を目的としています。また今後はソーシャルビジネスに関する調査の実施や報告も行っていく予定です。

■株式会社ボーダレス・ジャパンについて
「ソーシャルビジネスで世界を変える」を目指し、社会起業家が集うプラットフォームカンパニーとして2007年3月に現・代表取締役社長 田口 一成が設立。現在、「貧困」「環境問題」など社会問題の壁を越える9つの事業を展開中。偏見のない世界を作る多国籍コミュニティハウス「BORDERLESS HOUSE」、オーガニックハーブで貧困農家の収入をアップする「AMOMA natural care」、バングラデシュに雇用を作るビジネス革製品「Business Leather Factory」など多くの社会的事業を創出している。オフィス・活動拠点を東京・大阪・福岡・韓国・バングラデシュ・台湾・ミャンマーへと拡大し、2014年度の売上高は15.1億円。