BORDERLESS LINK加藤です。

今月はBORDERLESS LINKから重大発表があります。なんと、BORDERLESS LINKのビジネスコンセプトが変わります

◯LINKビジネスコンセプト:
「発展途上国の貧困村にモノを届ける物流インフラ」
「貧困農村部から持続可能な農業と社会をつくる」

今回のコンセプト変更の経緯としては、今までLINKが注力してきた農村部の村々をつなぐ物流インフラの構築よりも、もっと農村部の内部に関わる事業の必要性が出てきたためです。

モノを届ける物流も必要としている村はまだまだありますが、今後数年のうちに道路が整備されたり開発が進んでいくなかで、私たちのモノを届けるだけの事業は不要になる可能性は十分にあります。

そういった村の発展事情を踏まえ、LINKも次の問題解決へとシフトしていきます

物流インフラ事業で多くの村と関わるなかで見えてきたのは、村の生業である農業の不適正な方法による収入減や、資金難による収入創出機会が得られないなど、深刻な村の問題でした

多くの村からもそういったことに関する相談を受けるようになり、まずはLINKが今まで築いていた20以上の村を包括する農村ネットワークのなかで、「貧困農村部から持続可能な農業と社会をつくる」をコンセプトとして、農業支援事業やマイクロファイナンスを展開していきます

詳しいことはLINKの事業ページにも記載しております。ぜひご覧ください。
「BORDERLESS LINK事業紹介」

実はLINKのスタッフは農業のプロフェッショナル揃いなので、自分の技術をいかして村に貢献したくてずっとウズウズしていました。笑

家庭菜園しかしたことない私も、ミャンマー人スタッフから教えてもらいながら農業の勉強をしています!

◆ミャンマーの事業に関するブログ記事◆
とにかく前に進め!!!経営者1年生の私が考えること。
世界中でボーダレスマンが挑戦している!
ミャンマーで働くファームメンバーと初対面