ネパールのパートナーと、学生のときからサポートをしている仲間たち

新卒2年目の「らん」こと、仲渡と申します。「はる」や「パル」などでおなじみでしたが、この度改名する次第となりました!(*弊社はあだ名をつける文化があります)理由はボス(田口)が、パグ(曽我)とパルを呼び間違えて紛らわしいとのこと。笑

ちなみに「はる」は実名なので面白みにかけるとか。

***************************************************

ボーダレスに入社してからもうまもなく2年。この間、本当に多くの経験をさせていただきました。(オルタナで取り上げてもらった、入社前と入社後に関連する記事

待った無しの現場勝負。 ぽいっと荒波に放り出されて、実力の無さを全身で感じながら学びます。動揺している暇も、へこんでる暇もありません。驚くようなスピードで、実力以上のチャレンジをどんどんできる、それがボーダレスの魅力のひとつ。

そしてこの度、“新規事業立ち上げ” という大きな挑戦をさせていただけることになりました。

現在絶賛立ち上げ準備中ですが、率直に感じている事は、「事業立ち上げって、本当に大変!!!!」ということ。等身大の私の奮闘を、これからこのブログにてお届けできればと思います。
 

***************************************************
「おせっかい娘・蘭の事業立ち上げ奮闘記」記念すべき初回は、『待った無しの真剣勝負。原動力は一体どこから?』です。

▽ 動機はとってもシンプル。

蘭 「実は甘いもの、大好きなんです!」
Aくん 「へえ〜、意外だね。例えば?」
蘭 「マンゴーとか、チョコとか、ケーキとか!」
Bちゃん 「なんで〜??」

・・・・なんでって、、だから甘いから。
好きだからに決まってるじゃん!(心の声)

ーはい。
好きな物、欲しいもの、興味のあることなどを思い浮かべてみてください。何故そう思うのかと聞かれても、結局は、“なんとなく気になるから” だと思います。大なり小なり理由はあったとしても、どれも後付けにすぎないでしょう。

うまく説明ができなかったり、あるいは理解してもらえなかったりするかもしれない。それでも、きっと、答えは変わらないと思うんです。

小学生の頃、地球温暖化によって島全体が水没してしまう“ツバル”を観て感じた事と同じ。

「どうにかしなくちゃ。世の中の為になる事を、したい。」

そう、気になったらとめられない。ある種、病気なのかもしれない。またの名を、『おせっかい』とも言う。笑

出逢ってきた人や、身を置いたコミュニティが直面している問題にこの感情を抱きやすい。顔が明確に見える相手に対して弱いのです。出逢ってしまったら、他人事では無い。答えは至ってシンプル。「愛する人たちのために解決したい」、そう思うからです。

◆他の社会起業家の記事を読む◆
ミャンマーの僻地に農業のプロフェッショナル集団!?その理由とは?
NHKワールド密着取材!今日も愉快な福岡オフィスの仲間たち(笑)
毎日のお昼事情。一家団らん?!