今年3月に立ち上がった新規事業のBusiness Leather Factoryが黒字転換したので、メンバーとの約束通り、ご褒美にチームメンバーでバングラデシュ工場のスタッフに会いに行ってきました。

あくまでもご褒美なので、フライトはもちろん週末のお休みを使っていくのが、ボーダレス流。福岡から台北→香港→バングラデシュとほぼ1日かけてたどり着いた自社工場では、バングラデシュの工場で働く仲間が熱烈な歓迎をしてくれました!

バングラデシュ歓迎

車を降りると、バングラのスタッフ達が並んで道を作っていました。いきなりのサプライズに日本のメンバーも感激。この時点で、サラは既に泣きそうになったらしい。(笑)

バングラデシュ工場お花BLJ

マリーゴールドの花でBLJBorderLess Japan)。とても素敵でした。

バングラデシュ工場の皆と写真

みんなで記念撮影。たった2人で始まった工場は1年も経たないうちに80人以上に増え、500人の雇用を見越して900坪の工場に移転しました。少し感慨深いですね。

バングラデシュ工場の朝会

朝会に参加して、それぞれの想いをバングラ工場の仲間たちに伝えました。

バングラデシュと日本の女性スタッフたち

バングラデシュ工場と日本の女性スタッフたち。左から、あやな、サラ、ジナクレ、いっちゃんです。

バングラデシュ工場の検品マンたち

この検品部隊が生命線。日本人のお客さんをうならせるハイレベルのクオリティーを目指して、本当に細かいとこまでチェックしてくれています。感謝。

バングラデシュダンス

工場でみんなと一緒にご飯食べたら、みんな盛り上がっちゃって。バングラ代表ファルクさんの計らいで、午後の仕事は急遽、お休みに。工場でダンス大会が始まってしまいました。(笑)

バングラデシュスタッグの歌

最後は、バングラ工場のマネジャー、ウディンがバングラの歌を歌い、

日本スタッフの歌

日本チームを代表して、サラがお礼になぜか英語の歌を歌って終わりました。。。

何の為に私たちは仕事をしているのか?何のために売上を拡大させ、利益を出す必要があるのか?その先に自分たちが描く姿は何なのか?をチームメンバーも改めて実感できたようで、とても有意義な旅となりました。

バングラの貧困街スラム

目覚ましい経済発展を遂げているバングラデシュですが、その陰で数えきれない人達が貧困にあえいでいます。一人でも多くの人を、一日でも早くボーダレス・ファミリーに迎え入れられるようにさらに頑張っていこう、と皆で誓った2泊4日の旅でした。

このバングラデシュ工場で作った本革製品は、Business Leather Factoryの他に、カスタムメイドのJOGGOでもお買い求めいただけます。

彼らが一品一品真心こめて作ってくれた製品、是非使ってみていただければ幸いです。

本革ギフト

商品供給のOEM事業もやっていますので、革製品の商品化をご検討の方は、BORDERLESSS FACTORYにご連絡ください!

工場の見学もいつでもウェルカムですので、ご希望の方はお気軽にお問合せください!