こんにちは、ボーダレスグループの採用担当、石川です。

先週の金・土は、ビジネスレザーファクトリーの説明会を実施しました。どんな方が足を運んでくれるかなとドキドキでしたが、予想外の反響がありました。ありがとうございます!

果たしてメンバーは、何を語ったのでしょうか…?

創業4年目の事業が描く未来とは?

トップバッターとして登場したのは、社長の原口です。高校生の時に「1枚の写真」に出会い、貧しい人たちのために命を使いたいと思った原口は、その後大学・大学院を経てJICAに入構。国際協力をマクロ観点で行っていくJICAからソーシャルビジネスを選んだ理由や、なぜこの事業の社長に就任したのかも語りました。

また、現在500人以上のメンバーが働くバングラデシュの様子を動画でご紹介。バングラデシュにとどまらず、「世界の途上国にこのモデルを展開する」という今後のビジョンについても、ありのままの思いをお伝えしました。

キャリアステップも詳しく聞けます

2015年に中途入社して店舗設計と採用を担う加藤からは、自身のこれまでのキャリアステップや、ここでの仕事内容についてご紹介しました。

「社会問題について強い関心を持ったのは、前職を辞めてオーストラリアでワーキングホリデーをしていたとき」と語った加藤。

何がきっかけでソーシャルビジネスに関心を持ち、なぜ創業間もないビジネスレザーファクトリーに飛び込んだのか。入社後にどんな仕事を経て自分の強みに気付いたのか…は、ぜひ会場で聞いてみてくださいね(笑)

※原口にナイショでメンバーに聞いてみた"入って良かったこと・改善すべきこと"を披露する場面も!

また、現在仲間を募集しているポジションについても、どんなメンバーが担っているのか、どんな仕事を担当することになるのかを詳しくお伝えしました。

「なんでも聞ける座談会」ではこんな質問も!

会の最後は、メンバー1人ひとりの話をじっくりと聞ける座談会に突入。バングラデシュ事情やブランドの戦略に関する質問はもちろん、仕事のやりがいや前職(原口はJICA、加藤はウェディングプランナー)のキャリアについても質問をいただきました

金曜の回は横浜店・店舗社長の越智も参加していたので、事業を創る人・組織を創る人・店舗を創る人、それぞれの立場ならではのお話もできたのではないでしょうか。

終了後に残って質問していく方も多数いらっしゃるほど、賑やかな結びとなりました。

6月1日・2日は大阪で開催!

そんなビジネスレザーファクトリーの説明会は、6月1日(金)、2日(土)に大阪・心斎橋で開催します。当日は原口・加藤に加えて新卒で入社後に組織づくりを担う日野も参加。

希望者の方は、当日のみ実施の特別選考にも参加可能ですので、話を聞いてみてピンときた方はぜひお声かけくださいね。

大阪にて、あなたのご参加をお待ちしています!

説明会の詳細を見る

※参加者の方からは、こんな嬉しいコメントもいただきました!

株式会社ボーダレスジャパン ビジネスレザーファクトリーの会社説明会に参加してきました。 社会問題を解決に向かって、最適最速の方法を選択する。前進あるのみだから、非常にシンプルでスピーディ。 社会的インパクトを広げ、どんどん仲間を増やしている姿に改めて敬意を抱きました。 就職していない僕が言うのは高慢ですが、日本の企業は、ボーダレスジャパン に学ぶべき事が沢山あると感じます。 ぜひ社会問題の解決をビジネスとして成立させるためのノウハウを日本社会に発信して頂きたいです。 とりあえず、使い古したポールスミスは財布をビジレザで買い換えよう。 #ビジネスレザーファクトリー #ボーダレスジャパン

Yusuke Fujitaさん(@yusuke.fujita.21)がシェアした投稿 -

説明会の詳細を見る

ビジネスレザーファクトリーのビジョンを詳しく知る