座右の銘

葛藤は成長の合図

メッセージ

私が実現したい社会、それは子ども達が笑顔あふれる豊かな人生を送ることができる社会です。子ども達一人一人に限りない可能性があると信じています。しかし、虐待やネグレクト、いじめなど多くの問題が自分の可能性を信じる力の前に立ち塞がってしまいます。そしてその問題の多くは貧困が原因とされています。「貧困」、子ども達の力では簡単に断ち切ることができないこの問題を、どうにかして断ち切りたいと思って、ボーダレスジャパンを選びました。今自分が立っているこのフィールドで子ども達の前に立ち塞がる問題を解決し、なおかつ子ども達の限りない可能性を開いていける、そんな人になれるように頑張りたいと思います。

わたしの履歴書

1992年9月生まれ、全員兄の4人兄妹末っ子として育ちました。
なんせ年もだいぶ離れておりますので、自分で言うのもなんですが、兄達にはだいぶ可愛がられました。笑
(いわゆるシスコンってやつです)
“昔は”わりかしイケメンだった兄達のチンエピードを一つ紹介します。
小学生の頃、長男が児童館に迎えに来てくれた次の日に館内の女性職員ほぼ全員に「紹介して」などと質問攻めにされたことを今でも覚えています。そんな兄も今ではただのおっさんですが。

しかしながら、両親が離婚して兄達も寮生活やら自立やらを始めたので、母と2人の母子家庭で育ちました。
小中高と可もなく不可もない時間を過ごした私ですが、大学の受験をきっかけに可もなく不可もない生活から大きく変わった気がしています。正直、一浪をしましたが最終的に行きたい大学には行けず、大学受験は私にとって失敗体験です。
しかし、高校時代にいろんなことにかまけて一切勉強をしなかった私が、ひとたび本気で達成したい目標を見つけた途端に毎日ものすごいエネルギーで勉強していました。受験を終えた時に、悔しさももちろんありましたが、それ以上に自分にもこんなに頑張れる力があるのだと感じた経験にもなりました。
そして、自分にもこんなに力があるのだからみんなの中にだって力や可能性はあるという根拠のない確信がそこにはありました。この経験が今の志を持つ原点だったと感じています。

大学時代は小中高時代とは打って変わって多くのことに挑戦しました。
特にのめり込んだのは友人の紹介で関わることになった教育系NPOでの活動でした。大学生や社会人が高校に出向き、対話を通して将来の話や今について語り合う授業を行うプログラムがあるのですが、そのプログラムを通して多くの高校生に出会い、その出会いにお互いが感謝をしあうような経験をたくさんもらいました。
なかでも、ある定時制に通う女子高生との出会いは私に衝撃を与えました。授業の中で彼女はまさに自分ではどうにもすることができない状況で、もがきながら、諦めたくないという気持ちを持ちながらも最終的に進学を諦めなくてはいけない状況にありました。
自分の置かれている境遇を笑顔で話す彼女の表情に胸が苦しくなりました。実は私自身も複雑な環境に育ったこともあり、どこか彼女の境遇と自分を重ねていたのかもしれません。
彼女と過ごしたあの時間は、ひたすら「でも、諦めたくないんじゃないの?」「方法を考えようよ」と問いかけることしかできずに終わりました。授業終了後は虚しさと悔しさしか残りませんでした。今でも思い返すことがあるくらい、私にとても影響を与える出会いでした。
その出会いから約1年後に改めて自分自身やこれからについて向き合う時間を作るために休学を決意しました。自分の過去や現在を振り返り、未来を想像したときに困難な状況にいる子ども達にこそ自分の人生を使いたいと思うようになりました。

そして、今まさにその入り口に立っています。
まだまだ力不足で志を実現するには程遠い場所にいますが、いち早く実現させるためにも日々葛藤しながらがむしゃらに過ごしたいと思います。
そんな人生が私にとっての豊かな人生なのだと確信を持って言うことができます。

※入社時の内容のため所属が異なる場合があります。