座右の銘

考えるよりやってみる行動力が人生を切り開く一歩となる

メッセージ

私には夢があります。それは「途上国の農民が農業で食べていけるように、安心で安全な食べ物を全ての人が得ることができるように、農業ビジネスを通して社会を変える」ことです。 農業は私たちの“根底”にあるものであり、“未来”です。そして、農業は人と人をつなぐことができ、社会を変える力がある。そう私は信じています。そんな農業を通して、貧困を解決するビジネスをしていきたいと思っています。

わたしの履歴書

田﨑
1990年12月3日 茨城県つくば市で産まれました。
両親にさわやかで、優しくて、可愛く育つようにと頭文字をとって「サヤカ」と名付けてもらいました。名前の由来通りの人間になれるように日々自分磨き中です。

両親のたくさんの愛と自然の中ですくすくと育てられた私は、中学校に上がるまで風邪をひいてもお構いなしに外で遊ぶとても活発でボーイッシュな子でした。休日は父に連れられて近所の川でザリガニ、カエル、ナマズそしてウナギを捕まえて夕飯のおかずにしていました。そのおかげでどこでも生きていけるような力がついたと思っています。決して食べる物に困っていたわけではありません!、、、と思いたいです。

中学、高校では周りの目ばかり気にして、自分のやりたいことや夢を誰にも言わず、ただ周りに合わせるだけの日々を過ごしていました。そんな私が今の私へと変わるきっかけとなった出来事が高校2年のときのカンボジアへの渡航です。
このカンボジアへの渡航で私は言葉に出来ないほどの衝撃を受けました。
食べるものがない。今日を生きることが出来るかもわからない。そんな私には到底考えられないような状況で生きている人がこの世界にたくさんいるということが、とてもショックでした。

そして疑問も出てきました。なぜ食糧を生産している農民が、食べ物がないことで困っているのか。
農民が農業で食べていけるようにし、食を確立したら病気で苦しむ人も減るのではないか。そう考え途上国の農業について学べる東京農業大学の国際農業開発学科に入学することを決めました。

田﨑
入学してからは、勉強そっちのけで長期休みのたびに農業実習や畜産実習そして途上国へ行きがむしゃらに身体を動かしました。
畜産実習では日本とは思えないような、携帯電話の電波も届かない山奥の養豚場で朝の5時から毎日豚の糞かきをして、豚の世話、ワクチン打ち、出産の手伝い、出荷そしてと畜、と豚が豚肉になるまでの流れを、身をもって学びました。この経験を通して、私が普段何も考えないで口にしている食品や手に取っている商品が、どのような人たちの想いで出来ているのかを実感しました。
そんな体ばかり動かしていた学生時代を過ごし、勉強はできませんでしたが、鶏の解体や豚の種付けなど普通の大学生が出来ないような実践的な技術が身につきました。

しかし農業というのは最低1年という期間がないと、土作りから収穫まですることができない!実習をしただけで農業を知った気になってはいけない!と思い大学を1年間休学し何回か渡航したことのあったインドで1年間持続可能な農業について学ぶことにしました。
この大学5年間の農業実習等を通して、農業は私たちの生活の根底にあると同時に人々のたくさんの想いで作られていることを実感しました。

これが私の農業に対する熱い想いです。
そしてなぜ私が「安心で安全な食べ物をすべての人が得られるような社会を作りたい」のか。それは私の母の影響です。

私が大学1年の入学当初、母が乳がんの申告を受けました。母は癌を克服するために「ゲルソン療法」という食事療法を実践しました。オーガニックの野菜を食べ動物性たんぱく質は取らない。塩もとらない。そんな食事療法を必死に続けた母は今ではとても元気になりました。この母を見て、オーガニックの素晴らしさを実感しました。

ボーダレス・ジャパンでは、このオーガニックの素晴らしさや途上国の農民が農業で食べていけるようなシステムをソーシャルビジネスという形で持続的にアプローチしていきたいと思っています。
そして一人でも多くの途上国の農民の貧困問題をなくし、オーガニックという考え方を世界中に広めていきたいと思っています。

社会起業家の本棚 (2017.2.28更新)

「月刊 事業構想」 (編集 事業構想大学院大学出版部)

地方創生・イノベーションにつながるアイディアが満載の1冊。
地方×健康産業、子育て支援、観光ビジネス、高齢者テクノロジー、地域エネルギーなどなど農業系の情報にしかついつい目に行かない私でも、あらゆる分野の最新情報・ビジネスモデルを学べる有益な本です。
「こんなビジネスがあるんだ!」といつも新しい発見をさせてくれます。

※入社時の内容のため所属が異なる場合があります。