座右の銘

メッセージ

わたしの履歴書

高校時代にテレビで「スタンド・バイ・ミー」を観て、あんなところに住んで、あんな友情を育みたいと言う憧れから、海外に興味を持ち始めました。
そして、大学時代に初海外でイギリスに語学留学をして以来、すっかりイギリスが大好きになってしまった私は、卒業後日本で就職した後、再び渡英しました。
その時に日本に興味を持っていたイギリス人の主人と出会い、結婚しました。名字が変わった名前なので良く聞かれますが、義理の父がポーランド系イギリス人のため、名字はポーランドの名前です。

彼は「みんなが幸せな事が自分の幸せ」と本気で言えるような素敵な人で、いつも自分よりも他人の事を考えてくれる人でした。その彼が出会ってから半年後に急性リンパ性白血病を発症している事が判明し、4年間辛い治療も受けて、病気と闘いましたが、完治が難しく、2011年に他界しました。

イギリスではチャリティーや支援団体が多く、グループに参加したり、マラソンなどで挑戦をして寄付を募る人が多く、実際に私達夫婦もそのおかげで無料のカウンセリングやセラピーを受ける事ができました。主人が亡くなった後、私も何かしたいと言う想いはあっても、自分が生きる事で精一杯で周りの事を考える余裕がなく、何か心に引っかかった気持ちで過ごす日々でした。
そんな中、2016年に日本に帰国する事になり、ボーダレス・ジャパンの掲載を見つけ、「自分の生活基盤も持てて、社会貢献ができる」と言う内容にとても惹かれました。

私にはボーダレスの皆さんのように「世界の貧困問題を解決する・世界を良くする」と言う強い志を言うことは難しいですが、「自分に何かできる事があるなら何かしたい」と強く思います。一人では足踏みしてしまう事もボーダレスの皆さんと一緒だったら、自分が最期を迎えた時に何か残せるのではと感じました。

また、主人が私の笑顔が好きで癒されると言っていたので、今もできる限り笑顔でありたいと思っています。そして、ボーダレス・ジャパンで一緒に働く皆さんや、お客様も一緒に笑顔になってくれるような存在でありたいと思います。

※入社時の内容のため所属が異なる場合があります。