座右の銘

世論とともに考えるような人は、自分で目隠しをし、自分で耳に栓をしているのである

なぜこの仕事をするか

仕事内容も給与も限られ、仕事に対してネガティブになっている聴覚障害者が、自由に将来を選べて一人前として活躍できる未来をつくるため。

わたしの履歴書

1996年9月生まれ。
趣味は水泳とイスラム史、特技はラテアート。今となっては完全に水と大親友ですが、実は水泳を始められない危機にぶつかったことがありました。私の聴覚障害を知ると、受け入れを拒否するスイミングスクール。
耳が聞こえないと、他の子と比べてリスクが高く感じてしまうのかもしれません。このような「不安から起こる過剰反応」は大学進学や就職活動でも起こります。

実際に、私はアルバイト探しや就職活動で耳が聞こえないことを理由に面接どころかエントリーシートさえも受け取ってもらえないことがたくさんありました。そんなとき、私はいつもヒーローを求めていました。「どっかの力を持ったいい人が私のことを売り込んでくれたらなあ!」
…そんなヒーローになってやろうじゃないの! というわけで、ボーダレス・ジャパンのメンバーに加わることになりました。

ヒーローとは言えないかもしれませんが、聴覚障害者がもっと自由に将来を選択できて、一人前として活躍できる世の中にしたいと思っています。
水と同じくらい、このビジョンとも大親友としてやっていきたいと思います。がんばります!!!

※入社時の内容のため所属が異なる場合があります。