座右の銘

他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

メッセージ

この世界が抱える問題。それを解決するために、今自分の目の前の人が笑顔になって幸せであって欲しいと思っています。ボーダレスハウスで様々な国の者同士が楽しさを分かち合い、時には問題を共に解決し、どこの国・どの言語なんて関係なく人として成長し、自国に戻りその経験を活かしてもらえれば。そしてそのような人が1人でも増えれば。そう願っています。

わたしの履歴書

1975年、当時東京のベッドタウンとして売り出した街、新百合ヶ丘で生まれました。
当時にしては珍しく、母は仕事に生きる女だったため、母の姉(叔母)の家族に育てられました。戸籍上は一人っ子ですが、実際は2人の兄(いとこ)にプロレス技をかけられたり、チャンバラと称した激しい叩き合いなどをして過ごしました。叔父は画家だったので、プロレスやチャンバラの他はアトリエで絵を描くことに没頭した幼少期。当時の夢は「男の子になること」でした。

男の子にはなれないんだと気づきながらも、公立の小・中学校では女子に馴染めず、女子らしいことに興味もなく、とはいえ女子らしい付き合い(社交術)もうまいことこなしてきた思春期。

高校に入る頃には「この閉鎖的な日本から出よう!」と思い英会話に励みました。
毎日ネイティブの英語講師とおしゃべりをすることで会話力を身に着けました、がしかし、肝心の英語の成績はいつも中の下。文法と会話力は別のものだと実感!

日本の大学に行くことは全く考えておらず(単に入試が嫌だった…)、高校卒業後はアメリカのペンシルベニア州にある大学に入学しました。そこで陶芸作家でもある教授と出会い、4年間どっぷり陶芸とアートに打ち込みました。自分の作品をギャラリーでおいて貰えるようになった喜びも束の間。「一つの作品を売っても、この収入じゃこの先私生きていけないんじゃ!」と思い、そのままフィラデルフィア市内の大学院に通うことにしました。元々美術館や博物館での仕事に興味があったため、様々な団体でボランティアやインターンを経験し、NPOマネジメントを学びました。

帰国したものの、当時日本でのNPOと言えば各種支援団体が多く思っていたようなアート関連のNPOの仕事は見つかりませんでした。そこで私の経験を一番生かせそうな留学団体に入社し、アメリカ大学進学のお手伝いをするようになりました。
しばらく働いた頃、やっぱりアートの世界に携わりたい…という思いが募り、TVや映画、雑誌小道具用のインテリア/キッチン雑貨のレンタルショップに転職。お客様はすべてプロのカメラマンやスタイリストさんという環境で、かなりのセンスを求められました…と思ったら妊娠し、退職。

都内区役所で英語通訳のアルバイトをして、社会とのつながりを絶たずに子育て。
日本の過酷な保育園戦争に勝利し、子どもを預けることができたのでフルタイムとして社会復帰を果たしました。英語講師派遣の会社でネイティブの先生やお客様である学校関係者の方たちとお仕事をし、時には欠席した先生の代わりに幼稚園で歌って踊れる英語の先生をしたこともあります。

そんな時、ボーダレスハウスのお仕事の話が舞い込み「人と関わる」仕事を天職だと思い始めたのもあってボーダレス・ジャパンに入社しました。私は起業家としての野望は持ち合わせていませんが、「目の前の人を幸せにしたい」気持ちは皆と一緒です。
自分から率先して何かを成し遂げるよりも、目の前の誰かのために、その人が「江原いると、助かるわー」と思ってもらえるスーパーサポーターのポジションが大好きです。それは入居者さんだけでなく、一緒に働く仲間においても同じです。

様々な国の人、多様な文化が混在するボーダレスハウスはまさに世界の縮図です。ハウスの平和なくして、世界平和はない!そう思って日々入居者さまが快適に愉快に過ごせるよう、今日もまた人との出会いを楽しんでいます。

※入社時の内容のため所属が異なる場合があります。