ソーシャルビジネスで世界を変える BORDERLESS GROUP Vol.21

世界的なコロナウイルス感染拡大のため、工場も店舗も休業を余儀なくされたビジネスレザーファクトリー(以下、ビジレザ)。
そんな困難な状況でも止まらずに進み続けるビジレザ社長の原口瑛子(以下、はなみち)に、バングラデシュの工場メンバーや日本の店舗スタッフへの想いをお聞きしました。

 
今回話を聞いたのは・・・
  photo   ビジネスレザーファクトリー 代表取締役社長 原口
1985年、熊本県生まれ。国際協力機構(JICA)にて中米地域の円借款事業を担当。2015年(株)ボーダレス・ジャパンに入社、店舗開発や工場での品質管理を経て、2017年ビジネスレザーファクトリー(株)代表取締役社長に就任。
 
photo   聞き手 スタートアップスタジオ ふみこ
AMOMAよみものライターを経て、ボーダレス・ジャパンに入社。裏方として日々様々な事業と関わる。埼玉在住、1児の母。
 

ともに社会を創る同志と
同じ夢を追いかける

photo
ふみこ   まず、ビジレザの事業に関してお聞きしていきますが、大きな事業目的が「バングラデシュの貧しい人々の雇用創出」ですね。この貧しい人々とは具体的にどのような人達でしょうか。
     
はなみち   私たちは基本的に、働きたくても働けない、他の工場では雇ってもらえない貧しい人々を採用しています。優先的に採用する基準が3つあって、1つは親がいない若年層。親に捨てられたり、親と死別してしまった人達です。2つめはシングルマザー。私たちの工場は6割が女性ですが、その多くがシングルマザーです。3つめが障害者。今まで一度も働いたことがない人も多いです。
     
ふみこ   働いたことがない人達を雇うということは、全てゼロから教えていく必要があるってことですね。
はなみち   ほんとにそうです。それこそ「朝この時間に来るんだよ」ってことから。
     

photo左:工場長 マスンさん/右:BLJバングラデシュ代表 ファルクさん

ふみこ   現在バングラデシュの工場で働く人は900人ほどと聞きましたが、そのメンバーを日本にいるはなみちさんがどのようにマネジメントしているんでしょうか。
はなみち   日本にいるビジレザメンバーと、工場の代表であるBLJバングラデシュファルクさん、工場長のマスンさんが、同じ志を持っているということが大切ですね。彼らはともに社会を創る仲間であるので、日本からマネジメントはしません。 ともに夢を追いかける同志、という状態です。実際の工場内のマネジメントは、工場長のマスンさんをはじめとした20人程のマネジメントチームが主体となって行っています。
     

「絶対に死なせない」
みんなの命を守る覚悟

photo
ふみこ   さて、今年はコロナウイルスの影響でバングラデシュの首都ダッカがロックダウンされたりしましたね。現地でも相当混乱したのではないでしょうか。
     
はなみち   政府の方針で3/26(木)から工場を全て止める形になりました。その時一番に考えたことは、ラインで働いているメンバーたちの給料のことでした。つまり、生活をどうするかっていうのが、一番大きな話でした。
     
ふみこ   とても大事なことですね。
     
はなみち   ファルクさんと毎日連絡して「こういう状況でも、必ず給料は払おう」と決めました。それをみんなの前で約束しよう!と。
     

photo

ふみこ   とても安心したでしょうね。仕事がない=お金がない、という状態はまさに死活問題です。
     
はなみち   私たちはひとつのファミリーです。だから、まずはお金の面で生活を保障する。それと今回の問題は「健康」じゃないですか、人々の命をどう守るかっていう。それに対して私たちはどう向き合っていくのかを考えました。
しかし900人もいるので、日本のように全員に一斉に連絡ができるツールがある訳ではありません。
     
ふみこ   全員の健康を確認するのは容易ではないですね。
     
はなみち   なので現地のマネジメントチームが連携し全員に毎日電話をかけました。昔でいう学校の連絡網のように。毎朝、働いているメンバーや家族に体調不良がないかどうかを確認していました。
     

photo

ふみこ   この期間中にマスンさんのロングインタビューがメルマガで配信されていましたね。どんな危機も乗り越えてメンバーと共に成長していくぞ!という志を感じました。
一方でロックダウン中のファルクさんはどのような気持ちで過ごされていたんでしょうか。
     
はなみち   ファルクさんは毎日「工場の仲間が心配・・・」と言っていて、誰もいない工場に毎日行っていたようです。私たちがみんなに伝えたことは「死ぬときは一緒だ」ということ。つまり、みんなファミリーだから絶対に死なせない、ということです。
     
ふみこ   共に生きるという覚悟ですね。現在の工場の様子はどうでしょうか。
     
はなみち   4月下旬から、2交代制でスタートしています。基本的に検温と消毒をしてから工場に入るようにしています。手洗いを習慣づけるのが大変でした。
     

価値のある接客を
オンラインでも

photo
 
ふみこ   自粛期間中の日本の店舗についてですが、期間限定のオンライン接客というサービスを実施されていましたね。どういった経緯で始められたのでしょうか。
     
はなみち   店頭で働くメンバーの最大の価値は、バングラで作った商品の魅力やその想いをお客さまに届けるメッセンジャー的な役割だと思うんです。それが休業によって一切出来ないと。
     
ふみこ   八方塞がりのように思えます。
     
はなみち   全員に休んでもらう選択肢もありましたが、私たちの経営理念は「働くを楽しく」です。なので働きながら新しい価値を生み出そう、そのピンチの状態をも楽しもうという話をしました。そこで、オンライン接客をスタートさせました。
     
ふみこ   危機的状況の中で、新しいことを模索していったんですね。
     

photo

はなみち   少し話が逸れますが、ビジレザは元々ECでサービスを開始した後、期間限定の催事(ポップアップショップ)で販売するようになりました。当時の催事では、直営店舗のメンバーが店頭に立つ場合と、そうではない販売員の方が店頭に立つ場合とでは、お客さまに届けられる商品の数が全然違ったんです!
     
ふみこ   そこにはどういった違いがあるのでしょう。
     
はなみち   商品のストーリーを伝えられるという接客のありかた、ここに大きな価値があると感じました。これが、私たちビジネスレザーファクトリーのこれまでの軌跡、道のりそのものだと思います。それが店頭でもオンラインという形でも、必ずお客さまに届くと確信していました。
店舗名はビジネスレザーファクトリー“日本”店とし、メンバーは全国の直営店舗から集結しました。
     
ふみこ   行ったことのない店舗の店員さんとお話できるのは画期的です。
     

photo

はなみち   ZOOMを使用して30分ほど商品のご提案をしました。アンケートにお答えいただいたのですが、お客さまの満足度がすごく高かったです。
     
ふみこ   どんな点でそう思われましたか?
     
はなみち   商品の魅力やストーリー、多くの情報や提案を受け取りながらお買い物するってことと、誰かと繋がることができるってことが、今の日本の「外に出れない」という状況の中で大きな価値を生んだなと感じました。
     
ふみこ   自粛期間中は、外の人と繋がる機会が減りましたからね。
     
はなみち   また、お客さまの中には、家で介護をしている方や身体に障がいがある方など、店舗に来るのが難しい「働く人」がたくさんいるってことも分かりました。こういう方々にも価値が提供できる。だから、「これは続けていきたいね」という話になりました。
     
ふみこ   今後もオンライン接客を続けていくんですね!
     
はなみち   はい、今後も月に1回やっていく予定です!
     

働く人を応援したい
父の日の手書き刻印

photo
ふみこ   6/21(日)は父の日ですが、ビジレザでは商品に手書き刻印が出来るんですよね?
     
はなみち   元々ビジレザでは革製品に刻印するサービスをしていました。働く人を応援するブランドとして「お父さんお母さんに手書きのイラストを刻印してプレゼントしよう」というサービスを2017年から直営店舗限定で始めました。現在は、公式サイトでも直営店舗でもご利用いただけます。
     
ふみこ   私は5歳の子どもがいるのですが、男の子なのでまだ絵がぐちゃぐちゃで......
     
はなみち   子どもの絵って毎年違うじゃないですか、それがいいんですよ!例えば、2歳の子が描いた丸になるかならないかの線とか。それは今年しか描けない絵だと思うんです。それでもお父さんは「わぁ!」って(笑)
     
ふみこ   たしかに、何だって嬉しいですね(笑)
     

photo

はなみち   働くお父さんたちも、働いているときに大変なことや苦しいことがたくさんあると思いますが、例えば名刺入れをパっと開けた時に「パパがんばってね」と書いてあったら、もう少し頑張ろうと思えたりしますよね。そういう風に働く人を応援できることが嬉しいです。
     
ふみこ   子ども相手だとハプニングも多そうですね。
     
はなみち   恐竜の絵を描いてくれたけど、どうしてもしっぽが入らず切れてしまう、ということがあって。でも、店舗のメンバーはそのしっぽまで入れて刻印してあげたい!と、紙の余白部分をしっぽの部分に切り貼りして足してあげたりしたこともありました(笑)
     
ふみこ   そういった親切な対応をしてもらうと、親としてもとても嬉しくなります。父の日までまだ余裕があるので、我が家も手書き刻印にチャレンジしてみます!
     

recruit

 
 

【新企画】
ソーシャルビジネスがもっと身近になる「喫茶ぼーだれす」

『「あなたが「知る」と、社会はちょっとよくなる」喫茶で気軽に読める、ソーシャルな記事』を配信していきます!

詳しく見る
 
 
 

イベント情報

6/10@オンライン(無料)

BORDERLESS TALKS 03
「心に起こる”モヤモヤ”の正体 Shin Sekai Inc.」

詳しく見る

6/11@オンライン(無料)

【ボーダレスハウス主催】明日をグローバルに。
世界に挑む○○さんによるトークセッション

詳しく見る

6/11~6/30@東急プラザ渋谷

Enter the E 期間限定店再開

詳しく見る

6/17@オンライン(無料)

BORDERLESS TALKS 04
「自分を生きる場所を作る きら星」

詳しく見る

6/18@オンライン(無料)

【第2回】作る人と着る人を直接つなぐ新しい洋服の選び方
「顔が見えるONLINE受注会」

詳しく見る

6/18@オンライン(無料)

【ボーダレスハウス主催】明日をグローバルに。
世界に挑む○○さんによるトークセッション

詳しく見る

6/20@オンライン(無料)

国際交流シェアハウスってなに?
「ボーダレスハウス説明会」

詳しく見る

6/23@オンライン(無料)

【大学生限定】
ボーダレス・ジャパン新卒採用オンライン座談会

詳しく見る

6/26@オンライン(無料)

29歳以下の社会人限定
社会起業家になる!質問会

詳しく見る
イベント情報をもっと見る
 

九州発Webメディア Qualities 創刊号

ボーダレス・ジャパン代表田口のこれまでの軌跡や今後の展望を、記念すべき創刊号で掲載していただきました。

詳しく見る
 

世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン
IDEAS FOR GOOD

ボーダレス・ジャパン田口氏に聞く。毎日の電気代で社会貢献できる「ハチドリ電力」のねらいとは

詳しく見る
 
メディア掲載情報をもっと見る
 
社長の経営ブログ
みらい畑 社長 石川美里

石の上にも3年。農業にも?年

「農業をやりたい人が続けられる社会を創る」を掲げて事業を始めて3年、何度も挫けそうになりました。しかし!赤字経営の苦しさはあれど、いま、未だかつてない程希望に満ちています!その理由(ガッテン)を綴ります。

詳しく見る
 
ボーダレスの本棚
おすすめした人
POST&POST
川村祐介
私がこの本を手に取ったのは、事業のサービスをつくる上で「店舗商売とは何か」を改めて考えている時でした。 この中の柳井社長の経験に基づいた言葉には、「商売人」としてのリアリティがあり、内容は具体的かつ実践的。 経営者視点を養う勉強にもなりました。経営者でなくとも、これから店長やリーダーになる方にはお勧めしたい一冊です。
 

採用情報

日本のホームレス問題を解決する!
事業開発・創業メンバー募集(東京)

詳しく見る

その他の採用情報

新卒採用   中途採用
     
インターン採用   アルバイト採用
FOLLOW US
FACEBOOK

イベント・採用・ボーダレスの
新しい動きに関する情報を
配信しています

Facebook
Twitter

イベント・採用・ボーダレスの
新しい動きに関する情報を
配信しています

Twitter
Instagram

ボーダレスの日常風景や
ソーシャルビジネスのリアルな
様子を配信しています

Instagram
borderless group

株式会社ボーダレス・ジャパン ボーダレスマガジン編集部

  • 東京オフィス:東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
  • 大阪オフィス:大阪府大阪市北区豊崎3-18-3 ザファインタワー梅田豊崎503号室
  • 福岡オフィス:福岡県福岡市東区多の津4-14-1

E-mail : mail_magazine@borderless-japan.com

※ 配信解除をご希望の方はこちら→##__CANCEL_URL__##
※ 本メールは、ボーダレスグループのメンバーと名刺交換を行った方、ボーダレスグループ主催のイベントにご参加いただいた方、ボーダレスマガジンにご登録いただいた方、グループ各社の採用枠にご応募いただいた方にお送りしています。

株式会社ボーダレス・ジャパン https://www.borderless-japan.com/

 

Copyright (c) Borderless Japan Corp. All Rights Reserved.