2018年10月の開講以来、延べ300名以上が受講した社会起業家養成所「ボーダレスアカデミー」。
実は吉本興業の芸人養成所「NSC」にヒントを得て立ち上がったとか…?一体どんなプログラム内容になっているのか、今回はその実態をご紹介します!

 

吉本興業からヒントを得た
社会起業家養成所


photo

福岡校での講義の様子

社会起業家の数=解決される社会問題の数



そう考え、ボーダレス・ジャパンは「社会起業家のプラットフォーム」として社会起業家たちが安心して挑戦できる環境を創ってきました。けれど、世界を変えるにはもっと起業家が必要です。



そこで代表の田口が目をつけたのが、吉本興業の芸人養成所「NSC」でした。



今はどのテレビ番組を見ても、司会やコメンテーター、リポーターまで芸人さんが務めていますよね。
なぜこんなにお笑い芸人が増えたのか?そのカギを握るのが吉本興業の「NSC」だと考えたのです。

 


photo

芸人に向いているか分からないけど、まずはNSCに入ってみよう。
それで自信が持てたら芸人を目指したらいいし、違うと思ったら他の道を探したらいい。この安心のステップはとても大切です

起業も同じ。いきなり起業して一か八かの賭けに出ろ、ではいつまでたっても挑戦者は増えません。

「起業したい!」と思ったら、まずは起業家養成所に入って起業のイロハを学びながら、ビジネスプランをたくさん書いてみる
そんな中で自分が心からやりたい事業を見つけることができたら起業すれば良いし、そうでなければ就職すれば良い。

プラットフォームとして多くの社会起業家をサポートし、数多くのソーシャルビジネスを生み出してきたボーダレス・ジャパンだからこそ、養成所の役割を果たすことができると考えています。

ボーダレスアカデミー
4つのポイント


photo

【ポイント1】 2ヵ月半でビジネスプラン完成


前期は、ボーダレス・ジャパンが創業から培ってきたビジネスプランの作り方や起業家・経営者の講義を通して「起業のイロハ」を学びます。


後期はビジネスプランを形にし、卒業後すぐの起業を想定して、現役起業家・経営者のサポートのもとさらにブラッシュアップしていきます。

 


photo

【ポイント2】 豪華講師陣による全16講座


講座は大きく「教養講座」「起業家講座」に分かれます。

経営者としてのビジネスの考え方を学ぶ「教養講座」は、パタゴニア元日本支社長の辻井隆行さんや
元鎌倉投信創業者(現株式会社eumo代表)の新井和宏さんが講師を務めます。

 


photo

そして「起業家講座」は社会課題に挑戦する現役起業家14名が講師を務め、創業時のリアルな経験談や起業家としての心得、目指す社会像などを語ります。


これらの講座から、自分が起業する際の具体的なイメージをもてるだけでなく、自分はどんな会社、そして社会を創りたいのかを深めることができます。

 


photo
アドバイザリーボードからアドバイスを受ける様子
(第4期はオンラインで実施)

【ポイント3】 アドバイザリーボードからの直接アドバイス


後期のビジネスプラン作成期間は、起業家や経営者からだけでなく、マーケティングのスペシャリストなどからも、様々な角度からアドバイスを受けることができます。(マンツーマンで最大12回)

※第4期はオンラインにてアドバイスを受けていただきます。

 


photo
非公開のビジネスモデルシート

【ポイント4】 ボーダレスグループ各社のビジネスモデルを公開


ボーダレス・ジャパンで起業する際は、必ず「ビジネスモデル」を作成します。

ボーダレスアカデミー生には非公開のビジネスモデルシートを特別に公開。ご自身のソーシャルビジネスプランづくりの参考として活用いただけます。

 

第4期のプログラムは
これまでとどう違う?


photo

第4期は全講義オンラインで開催することを決定。日本全国・世界中からご参加いただけるようになりました。


開講初日の11月14日(土)、15日(日)は初の「オンライン合宿」を実施。
集中してビジネスモデルの作り方を学び、その後毎週水曜日19時~21時のオンライン講義で、課題発表やグループ討議を実施していきます。(前期は毎週、後期は2週間に1回実施)

 


photo

18名の講師陣による「起業家講座」「教養講座」のビデオ講義はオンラインにて、24時間視聴可能です。

それぞれ2時間ほどの講座ですが、今回は起業家講座Vol.1 ファクトリエ代表山田敏夫さんによる講義のダイジェスト動画をご用意しました。
どんな講義になっているのか、ぜひ一度ご覧ください。

また、12/9(水)の教養講座は録画ではなく生放送です。講師は元パタゴニア日本支社長 辻井隆行さん。約2年ぶりとなる辻井さんの生放送講義をお楽しみに!

 

卒業後の
サポート体制も充実


photo

開校から約2年。約300名が「社会起業コース」「視聴コース」を受講しました。


卒業後は個人で起業するもよし、ボーダレス・ジャパンで起業するもよし。それぞれの道を歩んでいきます。(※ボーダレス・ジャパンでの起業には審査があります。)


また、先に起業した仲間の事業に参画したり、同じ問題意識を持つ仲間と協業したりということもあり、ボーダレスアカデミー生ネットワークは非常に強いコミュニティとなっています。

 

◆卒業生の紹介◆
~ボーダレス・ジャパンで起業~


photo

【ボーダレスアカデミー1期生 宮崎成悟さん】
自身が若年介護者(ヤングケアラー)であった原体験から、同じ日本の若年介護者の孤立と不安の問題解決のためボーダレスアカデミーに入学。
卒業後、ヤングケアラーや若者ケアラーを支える就職・転職支援を行うYancle株式会社を設立。


<ボーダレスアカデミーに参加して>

「ボーダレスアカデミー」を受講して得たものは、僕にとってかけがえのない財産です。
社会起業家としての志や本質を突いたビジネスモデルを作るスキルはもちろん、何より社会課題に一緒に向き合う仲間ができたことはとてつもなく心強いです
ヤングケアラーの存在が当たり前に認められる社会の実現へ着実に進んでいきます。

 

◆卒業生の紹介◆
~個人で起業~


photo

【ボーダレスアカデミー2期生 大隈充さん】
自身の生まれ育ったうきは市の地域課題を解決すべくボーダレスアカデミーに入学。
卒業後、75歳以上のおばあちゃんたちの働ける会社、うきはの宝株式会社を2019年10月に設立。


<ボーダレスアカデミーに参加して>

ボーダレスアカデミーに入って「人生が変わった」。
何のため、誰のために起業するのかが明確になり、迷うことなく行動に移すことができるようになりました
共に切磋琢磨して学んだアカデミーの仲間とは、今でも一緒に悩み、考え、取り組みを共にしています。ボーダレスアカデミーでの学びと出会いは人生の宝です。

◆その他の卒業生の声はこちら

 

説明会を開催します!


photo

ボーダレスアカデミーについてもっと詳しく知りたいという方に向けて、オンライン説明会を開催します。
ボーダレスアカデミー卒業後にボーダレス・ジャパンで起業したメンバーや事務局の担当者がみなさまの質問にお答えしますので、ご都合の合う回にぜひご参加ください。

◆説明会のお申込みはこちら
◆プログラム内容や授業料についてはこちら
◆よくある質問はこちら

 

吉本興業の芸人養成所NSCからはダウンタウンが誕生。
起業家養成所ボーダレスアカデミーからはどんな未来スターが誕生するだろう?!
みなさんのエントリーをお待ちしております!

 

recruit


 




 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回のインタビューは、ボーダレス・ジャパンが月に2回発信しているボーダレスマガジンのコンテンツです。
マガジンでは、ボーダレスグループの最新イベント情報や限定コンテンツ・クーポンの発信などがありますので、ぜひご登録くださいね。
▶ボーダレスマガジン登録はこちら
▶バックナンバーはこちらから。