【発信で社会活動を応援!RICE YEEL vol.01】フィッシュレザーブランド tototo が生まれた理由とつくりたい社会

2021.01.12(火)〜01.12(火) 19:00-20:00
無料
定員 / 200名
ZOOM MAP

SHARE

  • アイコン:LINE
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:twitter
参加する

<RICE YELL概要>

社会的な発信者のプラットフォームを運用し、ソーシャルグッドな取り組みのPR支援を行うRICE。 

社会に良い取り組みを「する企業団体」と、「応援したい発信者」を繋げる企画「RICE YELL」を開催しています。

今回は廃棄される魚の皮からフィッシュレザーを生み出す、サステナブルブランド「tototo」の野口 朋寿さんをお招きし、tototo誕生のストーリーや、野口さんが解決したい社会問題、目指したい理想の社会をお伺いします。

■「RICE YELL」とは?

RICE YELLはSNS発信で「①社会に良い取り組みの認知を広げる」+「②社会活動に寄付する」ことができる、新しい社会貢献の形です。

参加方法は以下の3ステップです。

①本イベントに参加し企業・団体の方から、取り組みに懸ける想いを直接聞きます。

②「応援したい」と思えばSNSで、企業・団体が広げてほしいページを投稿します。

③応援投稿をすれば、あなたのフォロワー数×0.1円を、RICEからNPO・NGO等社会を良くする社会活動家に寄付します。

■サステナブルフィッシュレザーブランド「tototo」とは?

tototoは漁業文化が息づく富山県氷見市を拠点に、
廃棄される魚の皮を丈夫でしなやかなフィッシュレザーを製造するブランドです。
    
①革製品を作る為だけに、動物が殺される
②革の加工に「化学薬品クロム」を使用する
③魚の皮が大量に捨てられている

といった現状を変えるために、
廃棄される魚の皮を活用し、サステナブルなブランドを展開しています。

▼「tototo」について詳しく知る
https://camp-fire.jp/projects/view/353993

今回の寄付先について

tototo代表の野口さんの話しを直接聞き、応援したいと思った方は、
①クラウドファンディングのページ(https://camp-fire.jp/projects/view/353993)を、#フィッシュレザー #RICEで応援 のハッシュタグをつけてTwitterに投稿してください!
②Twitterで投稿をRICEより確認し次第、WWFジャパン様にフォロワー数×0.1円(小数点以下は切り捨て)を寄付させていただきます。(Twitterのリプライでカウントされたことをご報告いたします。)

寄付先:WWFジャパン

WWFは約100カ国で活動している環境保全団体です。
地球上の生物多様性を守り、人の暮らしが自然環境や野生生物に与える負荷を小さくすることによって、
人と自然が調和して生きられる未来を目指しています。

▼「WWFジャパン」について詳しく知る
https://www.wwf.or.jp/

■登壇者

野口 朋寿さん

1993年、香川県出身。富山大学芸術文化学部入学を機に富山県へ。大学では漆工芸を専門に学ぶも、卒業年次に魚の革「フィッシュレザー」の研究を始めたことが氷見市へ移住するきっかけとなる。富山大卒業後2016年から京都の大谷大学で仏教を学ぶ。2018年春に氷見市地域おこし協力隊として活動を始め、まちづくりに関わりながらフィッシュレザーの事業化を目指し、2020年にブランド「tototo」を立ち上げた。 「tototo」は食べるために頂いた魚の命を少しでも大切にしたい思いから、環境に配慮した「生命の恵みを無駄にしない持続可能なものづくり」を大切にしている。

こちらもオススメ!