【11/17(火) 19:00-】BORDERLESS CINEMA-オンライン 「シード ~生命の糧~」

2020.11.17(火)〜11.17(火) 19:00-21:30
大人1,500円、学生1,000円、ハチドリ電力会員(一般) 1,000円、ハチドリ電力会員(学生) 500円
定員 / 300名
オンライン(Zoom) MAP

SHARE

  • アイコン:LINE
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:twitter
参加する

BORDERLESS CINEMA-オンライン-

BORDERLESS CINEMAはボーダレス・ジャパンが主催するドキュメンタリー映画の上映会です。社会問題に関するドキュメンタリー映画を上映後、映画のテーマを深掘りするトークショーを開催し、学びを深めていきます。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、東京・大阪・福岡の3会場での開催を当面延期としておりましたが、この度「zoom」を利用してのオンライン上映会として開催することにいたしました。

イベント詳細

[日時] 11/17(火) 19:00~21:30

[会場] zoom を用いてのオンライン開催
★お申し込みいただいた方に、当日開始の1時間前までに「zoom」の会場URLをお送りいたします。

[料金] 大人1,500円、学生1,000円、ハチドリ電力会員(一般) 1,000円、ハチドリ電力会員(学生) 500円

当日プログラム

19:00- オープニング
19:05- 映画上映
20:40- 休憩
20:45- トークショー
21:25- クロージング

映画情報

■上映作品:『シード ~生命の糧~』

■テーマ:持続可能な農業・種子の多様性

■内容:
1万2千年以上もの間、世界中の人々によって大切に受け継がれてきた種子。
しかし、気候変動や多国籍企業による種子市場独占により、20世紀中に種子の94%がすでに消滅。
市場には遺伝子組換え作物(GMO)が登場し、多くの国々で農家が種子を保存し翌年蒔くことが禁止されるようになった。種子の多様性が失われることで私たちの生活・未来にどんな影響がおこるのか?持続可能な農業、持続可能な社会を実現するために私たちが今すべき選択とは?
―続きはこちら

▼予告動画

TALK SHOW 登壇者


◆ゲスト◆
株式会社坂ノ途中 代表取締役
小野邦彦

1983年奈良県生まれ。京都大学総合人間学部では文化人類学を専攻。外資系金融機関での「修行期間」を経て、2009年、株式会社坂ノ途中を設立。
「100年先もつづく、農業を」というメッセージを掲げ、農薬や化学肥料不使用で栽培された農産物の販売を行っている。提携農業者の約9割が新規就農者。東南アジアで森林保全と山間地での所得確保の両立を目指す「海ノ向こうコーヒー」も展開している。


◆ゲスト◆
有限会社ペーパーカンパニー 代表取締役社長
株式会社キナックスホールディテングス 取締役会長
中村修治

1962年近江の地で生まれる。1986年に立命館大学を卒業。1989年にバブルの泡に乗って来福。1994年に㈲ペーパーカンパニーを設立し独立。福岡に企画会社など存在もしなかったころから25年も最前線で生きているプランナー。企画書を書いた量とプレゼン回数は、九州No.1だと言われている。「JR博多シティ」のネーミングや「テレQ」のCIなどが代表的なお仕事。コラムニストとしても多誌で執筆。福岡大学の非常勤講師も務める。


◆ゲスト◆
株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長
ハチドリ電力代表
田口 一成
1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。株式会社ミスミに入社後、25歳で独立しソーシャルビジネスしかやらない会社ボーダレス・ジャパンを創業。2020年4月現在、社会課題を解決するための35の事業を世界13カ国で展開している。2019年2月、日経ビジネスが選ぶ「世界を動かす日本人50」に選出。

その他

・本イベントは映画の権利の関係上、日本国内在住者のみの対象となります。 ・できるだけ通信環境の良い状態でのご参加をお勧めいたします ・やむを得ない通信障害の理由で上映途中に配信動画が一部乱れるような可能性があります。恐れ入りますが何卒ご了承ください。

こちらもオススメ!