【8/18(火)19:00-】BORDERLESS CINEMA-オンライン『ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜』

2020.08.18(火)〜08.18(火) 19:00-21:30
大人1,500円、学生1,000円、ハチドリ電力会員(一般) 1,000円、ハチドリ電力会員(学生) 500円
定員 / 100名
オンライン(Zoom) MAP

SHARE

  • アイコン:LINE
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:twitter
参加する

BORDERLESS CINEMA-オンライン-

BORDERLESS CINEMAはボーダレス・ジャパンが主催するドキュメンタリー映画の上映会です。社会問題に関するドキュメンタリー映画を上映後、映画のテーマを深掘りするトークショーを開催し、学びを深めていきます。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、東京・大阪・福岡の3会場での開催を当面延期としておりましたが、この度「zoom」を利用してのオンライン上映会として開催することにいたしました。

イベント詳細

[日時] 8/18(火) 19:00~21:30

[会場] zoom を用いてのオンライン開催
★お申し込みいただいた方に、当日開始の1時間前までに「zoom」の会場URLをお送りいたします。

[料金] 大人1,500円、学生1,000円、ハチドリ電力会員(一般) 1,000円、ハチドリ電力会員(学生) 500円

当日プログラム

・映画上映
・トークショー
・Q&A
・お知らせ

映画情報

■上映作品:『ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜』

■テーマ:貧困・寄付・援助

■内容:
「貧しい気の毒な人たちのために手を差し伸べよう」「彼らは無力で何もできない」

そんなイメージを謳い、繰り広げられてきた営利目的の途上国開発は、今や数十億ドルに及ぶ巨大産業となっている。その多くの援助活動が失敗に終わり、援助の受け手がもともと持っている能力やパワーも損ないさえする。

私たちの「支援」がもたらす問題は?正しい支援のあり方とは?途上国とどう向き合うべきなのか?ハイチやアフリカを主な舞台に、“支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリー。
―続きはこちら

 

▼予告動画
https://www.youtube.com/embed/cBAeGZcqrso

 

TALK SHOW 登壇者

有限会社ペーパーカンパニー 代表取締役社長
株式会社キナックスホールディテングス 取締役会長
中村修治

1962年近江の地で生まれる。1986年に立命館大学を卒業。1989年にバブルの泡に乗って来福。1994年に㈲ペーパーカンパニーを設立し独立。福岡に企画会社など存在もしなかったころから25年も最前線で生きているプランナー。企画書を書いた量とプレゼン回数は、九州No.1だと言われている。「JR博多シティ」のネーミングや「テレQ」のCIなどが代表的なお仕事。コラムニストとしても多誌で執筆。福岡大学の非常勤講師も務める。

◆ゲスト◆
ビジネスレザーファクトリー株式会社代表取締役社長
原口 瑛子

熊本県生まれ。高校時代に「ハゲワシと少女」の写真を見て、「世界中の貧困をなくしたい」という志を持つ。早稲田大学卒業後、サセックス大学開発学研究所にて貧困と開発修士課程を修了。国際協力機構(JICA)に入構し、国際機関との連携事業や中南米地域の円借款事業などを担当。「より持続的」かつ「顔の見える」形で志を実現すべく、ソーシャルビジネスで起業することを決意。2015年(株)ボーダレス・ジャパンに入社後、2017年ビジネスレザーファクトリー(株)代表取締役社長に就任。現在は、バングラデシュの貧困問題の解決のための事業に取り組む。

 

株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長
ハチドリ電力代表
田口 一成

1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。株式会社ミスミに入社後、25歳で独立しソーシャルビジネスしかやらない会社ボーダレス・ジャパンを創業。2020年4月現在、社会課題を解決するための35の事業を世界13カ国で展開している。2019年2月、日経ビジネスが選ぶ「世界を動かす日本人50」に選出。

その他

・本イベントは映画の権利の関係上、日本国内在住者のみの対象となります。 ・できるだけ通信環境の良い状態でのご参加をお勧めいたします ・やむを得ない通信障害の理由で上映途中に配信動画が一部乱れるような可能性があります。恐れ入りますが何卒ご了承ください。

こちらもオススメ!