BORDERLESS TALKS #12 「”ワクワク”を生みだす経営力 POST & POST」

2020.11.10(火)〜11.10(火) 19:00-20:10
オンライン(YouTube) MAP

SHARE

  • アイコン:LINE
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:twitter
参加する

知る、考える、行動する -「BORDERLESS TALKS」

世界13カ国、37の事業を展開するボーダレス・ジャパン。
代表 田口一成が、ボーダレスグループの起業家たちと、一つのテーマを掘り下げてお話しする「BORDERLESS TALKS」
田口一成と起業家の哲学や信念をテーマに、参加者のみなさまと共に考えるトークライブです。

第12回は、リユースをファーストチョイスに!こども用品専門リサイクルショップの POST& POST 吉田照喜
吉田は、田口が新卒で入社した(株)ミスミの同期。
ボーダレスの創業期から、ボーダレスハウス、AMOMAの事業メンバーとして携わり、事業拡大を支えてきました。
2015年、息子の誕生をきっかけに「子ども達が暮らす未来の地球環境を良くしたい」という想いが強くなり、自ら起業家としてこども用品専門のリサイクルショップPOST&POST(ポスポス)をオープン。現在は福岡市内に3店舗を経営しています。

▶ 事業プロフィール
▶ HP「POST & POST」

人を巻き込む”ワクワク”の創造力
事業メンバーの時は、効率性を追求し、早く正確に行うことが得意なスーパー実務屋だった吉田。
経営者となった今は、ゼロからイチを生み出す創造が楽しくて仕方ないと話します。

田口と共に、メンバーをワクワクさせ続ける経営術を解き明かしていきます。

・経営者として大切なこと
― メンバーをワクワクさせる”半歩先の絵”を描く
・ワクワクを生み出す脳の使い方(吉田の場合 / 田口の場合)
・一般化させない発想とSomething Newを生む土壌づくり

「優秀なプレーヤーが、優秀なリーダーになるとは限らない」とも言われるなか、二人はどう発想を転換したのでしょう。
会社、プロジェクトチーム、サークル、家族…
様々な”組織”にも応用できる、ワクワクの創造力について、一緒に考えてみませんか?

<当日プログラム>
(1)オープニング
(2)田口と吉田によるトークセッション
(3)Q&A
(4)クロージング

<質問はYouTubeチャットで>
イベント中は、YouTubeチャット機能でみなさんからの質問を募集します。
※すべての質問にお答えできない場合もありますので、予めご了承ください。

<感想はTwitter / Facebookで>
感想は、TwitterやFacebookで「#ボーダレスジャパン #ボーダレストークス」とつけて投稿してください。
またイベント内でお答えしきれなかった2人への質問も、上記# をつけてツイートしていただけたら、回答いたします。

<イベント概要>
【日時】11月10日(火) 19:00~20:10
【方法】オンライン(YouTube)
*イベント開始5分前よりPeatixイベントページの「イベントに参加」よりご参加ください。なお、YouTubeのチャット機能の使用には、事前にアカウント登録が必要となります。予めご了承ください。

◆登壇者◆


ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長
田口 一成
1980年福岡県生まれ。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。株式会社ミスミに入社後、25歳で独立しソーシャルビジネスしかやらない会社ボーダレス・ジャパンを創業。2020年4月現在、社会課題を解決するための35の事業を世界13カ国で展開している。2019年2月、日経ビジネスが選ぶ「世界を動かす日本人50」に選出。


POST & POST 代表取締役社長
吉田 照喜
1982年長崎県生まれ。2004年に(株)ミスミに入社。2007年3月から(株)ボーダレス・ジャパンに参画。入社後は、BORDERLESS HOUSE、 AMOMAなどの事業開発に携わる。AMOMA所属時に、妊産婦さんとのやり取りを通して、「”ママになること”って消費の変化や価値観の変化が起こる面白いタイミング。ちょっとでもいい方に変われたらいいな」と感じる。2015年1月、息子の出産に立ち会ったことが大きな転機となり、こどもが安心して暮らせるよう”環境”をテーマに新規事業を立ち上げる決意が固まる。

こちらもオススメ!