ボーダレスハウス×福岡県IYEO ~Career Next~

2020.11.29(日)〜11.29(日) 13:00~16:00
無料
オンライン(Zoom) MAP

SHARE

  • アイコン:LINE
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:twitter
参加する

ボーダレスハウス×福岡県IYEO ~Career Next~

今回は2つの団体が「若者に次世代の様々なキャリアの選択肢を知ってもらおう」とオンラインイベントを決行します!
各団体からのプレゼンターをお呼びして、昨今のコロナ禍にあり今見直されている「働き方・キャリア環境の選択肢」について、今では珍しくなくなった「日本を舞台に海外と関わるキャリア」の中身や、「自分のやりたいことをキャリアにしていく魅力」を語っていただきます。

\\ こんな人に来てほしい //
・まだ自分の知らないキャリアを知って見たい人
・これから就職活動をするに当たって海外を相手に仕事をしたい学生
・就職活動を終えたが、自分のキャリアのイメージがうまくわかない人
・1~3年目で次のキャリアのアイデアを探している人

ボーダレスハウスとは?
世界中から集まった若者が、一つ屋根の下で一緒に暮らしながら異文化に触れ合う、それが多国籍シェアハウス ボーダレスハウスです。日本にいながら、英語力の向上はもちろん、国籍を超えたハウスメイトとの最高の出会いと、たくさんの新しい価値観に触れる充実した異文化シェアハウスライフを提供いたします!

福岡県IYEOとは?
内閣府が主催する6つの国際交流事業のOB・OG団体で、 地域貢献活動として、地元での交流や各交流事業の受け入れ支援を行っている。

IYEO運営委員会とは?
内閣府が主催する6つの国際交流事業のOB・OG団体の活動をIYEO本部の直属チームとしてサポートする組織。この度は福岡県IYEOとタッグを組み本イベントの企画運営を実施している。

イベント概要

日時:2020年11月29日(日) 13:00~16:00
方法:オンライン@ZOOM
主催:福岡県IYEO
主管:IYEO運営委員会

タイムライン

1.オープニング
2.ショートプレゼン
3.パネルディスカッション
- 休憩 -
4.グループでのディスカッション
5.自分のNext Actionまとめ
6.クロージング

プレゼンテーター

日野 美久さん
株式会社 ボーダレス・ジャパン 
2014年東南アジア青年の船事業参加
高知大学教育学部卒業。2014年度「東南アジア青年の船」事業参加。 大学2年時にフィリピンの路上で子どもたちに物乞いをされ、貧困問題を目の当たりにしてショックを受ける。 その後、子どもたちが教育受けて将来の選択肢を持てるようになるために自分にできることを模索する中で、ソーシャルビジネスを展開する「ボーダレス・ジャパン」の存在を知り、門戸をたたく。 2016年社会起業家コースに新卒として入社。ボーダレスグループの事業で2年間学んだ結果、社会起業家を支える側で志を果たしたいと考え、現在は広報としてグループ37事業の取り組みを発信している。

神代 悠夜さん
ボーダレスハウス株式会社
高知大学人文学部卒業。2018年度新卒としてボーダレスハウス株式会社に入社。 インドシナ難民である両親の元に生まれた経験から現在は「差別偏見のない多文化共生社会の実現」をミッションに掲げている 同社にて、マーケティングや、ブランディング、広報を担当している。

古谷 優佳さん
ボーダレスハウス株式会社
立命館アジア太平洋大学卒。学生時代は国際協力NGOのハビタット・フォー・ヒューマニティと教育NPOカタリバで活動。新卒では星野リゾート・マネジメントに入社。ご当地の魅力開発業務・部門リーダーなど、3年間勤める。大学時代に「多様な価値観との出会いが可能性を広げるきっかけ」になる現場を目の当たりにした経験から、国籍も言語も関係なく色んな人が出会える場所を多くつくるため、ボーダレスハウスに中途入社。関西拠点の開発を2年間勤め、現在は韓国・台湾・日本の全拠点共通のコミュニティプログラム開発を担当。

煙草 将央さん
ビジネスレザーファクトリー株式会社
2016年国際青年育成交流事業(ドミニカ共和国派遣)参加
関西大学外国語学部卒業。2016年度「国際青年育成交流事業(ドミニカ共和国派遣)」参加。 高校生で訪れたカンボジアで世界の貧困を目の当たりする。大学では、東ティモールでコーヒー生産者の支援に携わり、貧困解決に取り組む。貧困を生み出すのは、当事者に向けられる「かわいそう」という感情だと気づく。 途上国で生産される商品を、同情心ではなく、商品価値で消費者に選んでもらう。それを通して「かわいそう」を失くしたいと、ボーダレスグループのビジネスレザーファクトリーに新卒入社する。 現在入社2年目、採用人事を担当し、ソーシャルインパクトを最大化させる組織づくりに取り組む。

浅利 定栄さん
こうじ料理研究家
保健師
大分県佐伯市生まれ。 2006年東南アジア青年の船に参加。2011年JICA青年海外協力隊に看護師として参加。2年間パラグアイにて地域保健を中心に活動。 チャベス日系移住地にて健康教室を運営。その中で今なお残る糀を使った食生活に感銘を受け糀を作り始める。帰国後は(有)糀屋本店にて海外からの対応や講演時の通訳などを行う。 2016年University of Gastronomic Sciences修士課程修了。 イタリアだけではなく世界中の食文化や背景について学び、世界中からの学生と各国料理の知識を深める。 修士論文は『日本の発酵食文化』をテーマに広く日本の発酵食品や食文化、健康作用などを研究した。 2017年からは食科学の見地も取り入れた料理教室、レシピ開発、テレビ/ラジオ出演、書籍の出版なども行っている。

【お問い合わせ先】
iyeo.uneiiinkai@gmail.com

ぜひ皆様のご参加お待ちしております!