【ハチドリアカデミー vol.3】オーガニックコットンから考えるファッションと地球の未来 〜あなたのTシャツ1枚に使われる水の量、なんと2700L?〜

2020.10.01(木)〜10.01(木) 19:00-20:30
法人 2,000円 一般 1,000円 ハチドリ会員 500円
定員 / 100名
オンライン(Zoom) MAP

SHARE

  • アイコン:LINE
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:twitter
参加する

 

【ハチドリアカデミー vol.3】

オーガニックコットンから考えるファッションと地球の未来 〜あなたのTシャツ1枚に使われる水の量、なんと2700L?〜

<イベント概要>
CO2ゼロの実質自然エネルギー100%の電気を届けるハチドリ電力が主催する「ハチドリアカデミー」
「環境問題のいま」を第一線で活動する講師の方から学んでいきます。

今回の講師は日本のオーガニックコットンの第一人者・渡邊智惠子さん。オーガニックコットンがなぜ必要なのか、私たちの服が環境や社会に与える影響や、持続可能な未来のためにできることを参加者の皆さまと一緒に考えます。


講師:株式会社アバンティ代表取締役会長 渡邊智惠子(わたなべ ちえこ)

 

<当日プログラム>

第一部:オーガニックコットンの普及できれいな地球を子どもたちに
・テキサスで見た現実 〜枯葉剤と化学薬剤に塗れて
・あなたの服が与える影響 〜環境・人道・遺伝子組み替え
・オーガニックコットンを日本へ 〜Made in Japanだからできること

第二部:繊維の自給率ゼロからの逆転 × 自然エネルギーの普及を
・繊維の供給と再生可能エネルギーの融合「SASKENERGY」
・土地の有効活用と地域の経済への貢献

第三部:意思を持ってお金を使おう
・お金で愛情は買えないけれど、お金に愛情を託すことはできる
・22世紀を迎える子どもたちに正の財産を

第四部:Q&A
・参加者のみなさまからのご質問に、講師の渡邊さんがお答えします

※当日のプログラムの内容は変更されることがあります。ご了承ください。

 

◆講師の詳細情報◆

講師:株式会社アバンティ代表取締役会長 渡邊智惠子(わたなべ ちえこ)

1985年株式会社アバンティを設立。日本でのオーガニックコットンの製品製造のパイオニア。企業活動以外に、オーガニックコットンの啓蒙普及と認証機関としてのNPO日本オーガニックコットン協会を設立。グローバルスタンダードの基準作りにも関わる。その後、2016年一般財団法人森から海へ設立、代表理事就任。2017年一般財団法人22世紀に残すもの発起人として活動を始める等各分野でも活動している。また、再生エネルギーと繊維の供給を融合した事業「SASKENERGY(サスケナジー)」の活動にも取り組む。

 

<イベントについて>
【日時】10月1日(木) 19:00〜20:30
【方法】オンライン(Zoomアプリ使用)
【締切】10月1日(木) 18:50まで(先着順)
【料金】
法人:2,000円
一般:1,000円
ハチドリ会員:500円
※ハチドリ電力にお申し込みいただいている方限定で割引価格が適用されます。
【定員】先着100名

※当日ご参加が難しい方にも、イベント修了後にお送りするURLより録画をご覧いただけます。

 

【こんな方におすすめ!】
・オーガニックコットンに関心のある方
・自分の着ている服が地球環境や人道に与える影響を知りたい方
・持続可能な未来のために、自分にできることを探している方

 

◆ハチドリ電力とは◆
CO2ゼロの自然由来100%の電気を届ける新電力事業。
月々の電気代の1%が社会をよくするために活動する人や団体への支援に、もう1%が再生可能エネルギー発電所の増設につながるという新しい仕組みを展開している。2020年8月17日時点で37のNPO団体や社会活動家がこのプラットフォームに登録している。
ハチドリ電力WEBサイト:https://hachidori-denryoku.jp/

こちらもオススメ!