大丸有SDGs映画祭2021 クロージング 映画『ザ・ニュー・ブリード』

2021.10.08(金)〜10.08(金) 18:30-20:50
1,000円
千代田区大手町1丁目1−2 大手門タワー・ENEOSビル 1階 MAP

SHARE

  • アイコン:LINE
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:twitter
参加する

※本イベントは大丸有SDGs ACT5主催です。

社会問題に対する意識が高いと言われるミレニアル世代。彼らは現在の世界にどんな問題意識を抱き、どんな未来を望むのかー。
ビジネスによって貧困や海洋汚染などの問題解決を目指す若き社会起業家3人を追う。

【STORY】
社会問題に対する意識が高いと言われるミレニアル世代。彼らは現在の世界にどんな問題意識を抱き、どんな未来を望んでいるのだろうかー。本作は、ミレニアル世代の社会起業家3人を追いながら、彼らの起業の背景にある想いや、“目標達成”までの奮闘などを映し出す。

一人は、ウガンダやペルーの女性たちを応援するための活動を事業と並行して行っているアパレル起業「ノウンサプライ」のコール。二人目は、製造している靴下が一足売れるごとにホームレスの人に靴下を一足寄付している「ボンフォーク」のジャンナ。そしてチリ沖で廃棄された漁網を回収してスケートボードやアイウェアなどの新製品に生まれ変わらせている「ブレオ」のベンらだ。

「なぜ世界の不平等は生じたのか?」「なぜビジネスでの解決を目指すのか?」といった視点も交えながら、近年の若者たちの間における社会起業ムーブメントを俯瞰的に捉える。


【作品情報】
製作年:2020年、製作国:アメリカ、時間:80分
監督:ピート・ウィリアム

【上映日程・プログラム】
10/8(金)18:30〜20:50頃(18:00開場)
18:30〜19:55 映画上映
19:55〜20:35 ゲストトーク
20:35〜20:45 クロージングトーク
(*プログラムは一部変更になる可能性があります)

【会場】
3×3 Lab Future
東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・ENEOSビル1階(アクセス詳細

【参加費】

1000円

【トークゲスト】
映画上映後には以下のゲストによるトークを予定しております。

●平山潤(NEUT Magazine編集長)
1992年神奈川県相模原市生まれ。成蹊大学卒。ウェブメディア『Be inspired!』編集長を経て、現在は『NEUT Magazine(ニュートマガジン)』創刊編集長を務める。世間で<エクストリーム>だと思われるようなトピック·人に光を当て、より多くの人に「先入観に縛られない<ニュートラル >な視点」を届けられるよう活動中。

●田口一成(株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長)
1980年生まれ、福岡県出身。早稲田大学在学中に米国ワシントン大学へビジネス留学。卒業後、㈱ミスミ(現・ミスミグループ本社)を経て、25歳で独立し、ボーダレス・ジャパンを創業。現在、世界15カ国で40のソーシャルビジネスを展開し、従業員は1,500名、グループ年商は55億円を超える(2021年4月現在)。日経ビジネス「世界を動かす日本人50」、Forbes JAPAN「日本のインパクト・アントレプレナー35」に選出された。著書に『9割の社会問題はビジネスで解決できる』(PHP研究所)がある。

以下のゲストも特別出演予定!(*一部ゲストはオンライン)

●松島綾女(PRコーディネーター)
1993年生まれ、静岡県浜松市出身。大学生の頃に食文化を学ぶ授業がきっかけでヴィーガンになる。 大学卒業後、都庁役員秘書の経験を経てゼネコン会社の社長秘書を5年経験。秘書で培ったノウハウを活かし、現在はアップルレザーブランド『lovst tokyo』やヴィーガンフードブランド『OneBite』にてPR、商品開発やモデルなどを務める。 幻冬社『GOETHE』、働く20代を応援するウェブマガジン『ASSIST』などに掲載される。ヴィーガン9年目。

●金子隆耶(株式会社tsukumo 代表取締役)
1993年生まれ 兵庫県生まれ。大学時代から農業に従事し、ベンチャーの立ち上げ、マーケティング会社、オーガニック系食品メーカーにてビジネスを通じて、社会問題を解決することを学ぶ。また、食の分野では生産〜販売までを一気通貫して従事したことにより、サプライチェーン側の問題で発生するフードロスの問題に課題意識を持つ。2019年にフードロスを利活用したヘルシー置き菓子サービス「snaccuru」の立ち上げ。現在は、次世代ダストボックスCALCUの事業で、外食のフードロス問題に取り組んでいる。

●能條桃子(一般社団法人NO YOUTH NO JAPAN代表理事)
1998年生まれ、慶應義塾大学院経済学研究科1年生。 若者の投票率が80%を超えるデンマーク留学をきっかけに、 2019年7月政治の情報を分かりやすくまとめたInstagramプロジェクト NO YOUTH NO JAPANを立ち上げ、2週間でフォロワー1.5万人を集める。 その後、「投票に行こう」 と選挙前にバズるだけでは投票率は上がらないと考え、NO YOUTH NO JAPANを団体化。現在、70名のメンバーとともに、 ジェンダーと気候変動に関心を持ちながら、「参加型デモクラシー」 ある社会をわたしたちからつくっていくために活動中。

●伊達文香(株式会社イトバナシ 代表取締役兼デザイナー)
奈良県五條市出身、29歳。広島大学に進学後、インドに複数回渡り、女性の人身売買被害などの現状を知る。大学院進学後にトビタテ!留学JAPAN2期生として、インド現地NGOとファッションショーを共催し、女性の活躍の場創造を目指す。その際に出会った刺繍に惚れ込み、途上国の刺繍を扱うブランド、itobanashiを起業。ビジコン優勝などを経て法人化後、株式会社イトバナシとして奈良、広島で店舗を運営する。文化学園大学特別講師、広島大学起業部メンター。


2020年よりスタートした、SDGsの17個の目標と関連したテーマの映画を、大手町・丸の内・有楽町エリアで一挙に上映する映画イベントです。SDGsの目標の背後にある世界の実情や、目標達成した場合に生まれる社会や人の可能性などを感じていただければという思いを込めて、企画しています。
大手町、丸の内、有楽町で働く皆さん、訪れる皆さん、様々なバックグラウンドの方々と一緒に映画を共有し、そこから生まれるアイディアや夢が交わり合うことで、目標達成に向けた歩みが生まれていくことを願っています。


大手町・丸の内・有楽町地区(以下、大丸有だいまるゆうエリア)を舞台にSDGs達成に向けた活動を推進する「大丸有SDGs ACT5」。取組2年目となる今年は、5月10日(月)から11月30日(火)の約7ヶ月間をコア期間として、「サステナブルフード」「気候変動と資源循環」「WELL-BEING」「ダイバーシティ&インクルージョン」「コミュニケーション」の5つのテーマで多様なアクションを展開します。2030年のSDGs目標達成に向けて、企業や団体の枠を超え、街ぐるみでのSDGsにチャレンジします。


このイベントはSDGsに貢献する活動をするとポイントがもらえる「ACT5メンバーポイントアプリ」と連携しています。
「ACT5メンバーポイントアプリ」とは、大手町・丸の内・有楽町エリアを舞台にサステナブルなアクションを展開するプロジェクト「大丸有SDGs ACT5」の公式アプリです。貯まったポイントは、SDGsに貢献する商品・サービスと交換することができます。イベント参加者にはもれなく100ポイントをプレゼント!ぜひ事前にアプリをダウンロードしてご参加ください。

*ACT5メンバーポイントアプリのダウンロードはこちらから

・URLから:https://mb.act-5.jp/

・QRコードから:下記のQRコードを読み取ってください

*ポイント付与に関するご注意

  • ポイントの獲得は投影画面上のQRコードの読み取りによって行います。スマートフォンアプリでQRコードを読み取っていただきます。
  • ポイントの獲得にはアプリでのアカウント登録が必要となります。イベントにはアカウント登録をお済ませになった状態でご参加ください。
  • 当日、ポイントがうまく獲得できなかった場合は、①参加イベント名、②アプリの会員番号(5桁-4桁)、③アプリに登録した氏名の3点を、「 info●act-5.jp(●を@に変えてください)」にメールでご連絡ください。後日事務局よりポイントを付与いたします。


【ご来場いただく際の感染防止対策へのご協力のお願い】

■次の方は来場をご遠慮ください

  • 37.5度以上の発熱がある方
  • 咳、下痢、だるさ、味覚障害、嗅覚障害等、体調に異変がある方
  • 新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触がある方、同居家族や身近な知人の感染が疑われる方、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航及び当該国・地域の在住者との濃厚接触がある方

■ご協力のお願い

1.入場前

  • 入場時、非接触型検温器で検温を実施いたします。その際に上記と同様の症状がある方は入場をお断りいたしますのでご了承ください。
  • 会場内にて、新型コロナウイルスの感染者が発覚した場合のみ、事務局担当者よりお申し込み時のメールアドレスにご連絡をさせていただく場合がございます。
  • 入場時の待機列は、お客さまと1m以上離れて並び、密接しない距離感を維持できるようにご対応させていただきます。お待たせすることもございますがご了承ください。

2.入場中~イベント終了

  • イベント中はマスクの着用をお願いいたします。(当日、マスクをお持ちでないお客さまには、1枚50円にて使い捨てマスクの販売をさせていただきます。着用いただけない場合は、入場をお断りする場合がございます。)
  • 入り口でアルコールでの手指消毒をお願いいたします。また、こまめな手洗い、消毒をお願いいたします。
  • 上映中以外は入り口や窓を開け、換気を徹底いたします。
  • イベント前後は、お客さま同士で密集、密接、接触、及び会話は控えるようご協力をよろしくお願いいたします。また、イベント終了後は速やかにご退場いただき、会場出入り口に溜まらないよう、ご協力をよろしくお願いいたします。
  • 会場で実施している新型コロナウイルス感染防止対策への協力、及びその他会場スタッフの指示に従わない場合は強制的に退場していただく場合がございます。その際はチケット代等のご返金は対応いたしません。

3.その他

【上映中止及びチケットの払い戻しに関しまして】
緊急事態宣言や、特定業種の営業自粛要請が出た際には上映を急遽中止とさせていただく場合がございます。その際にはチケットの払い戻しをさせていただきます。チケットを事前購入されているお客さまに関しましては、後日払い戻しに関するアナウンスをさせていただきますので、「大丸有 SDGs ACT5」ホームページをご確認ください。

【車椅子でご来場の方や運営スタッフのお手伝いを必要とされる方へ】
「 info●act-5.jp(●を@に変えてください)」にメールでお問い合わせください。

こちらもオススメ!

PICK UP

Facebook

Instagram