トークライブ「私たちにできること―持続可能な社会のはじめかた・リターンズ―」

2020.06.07(日)〜06.07(日) 18:00-20:00
チャリティチケット 500円
オンライン(YouTube) MAP

SHARE

  • アイコン:LINE
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:twitter
参加する

1,100名が参加した、トークライブ第2弾!

5月6日に1,100名以上が参加した、トークライブ「私たちにできること―持続可能な社会のはじめかた―」の第2弾を開催します!

持続可能な社会を実現するため、一人ひとりがどんな行動を起こしていけばいいのか。
今回はより焦点を絞って、持続可能とは言えない今のあり方を見つめつつ、具体的なアクションをパネラーと参加者の皆さまと共に考える2時間にしたいと思っています。

登壇するのは今回も、元パタゴニア日本支社長 辻井隆行さん、エシカル協会代表理事 末吉里花さんと、ボーダレス・ジャパン社長 ⽥⼝一成の3名です。

<プログラム>
18:00-18:05 はじめに
18:05-18:25 第1部:辻井隆行氏による基調トーク
18:25-19:05 第2部:3名によるトークセッション
19:05-19:50 第3部:参加者の皆さまと一緒に考える「私たちにできること」
19:50-20:00 おわりに

<イベント日時>
日時:6月7日(日) 18:00-20:00
開催方法:オンライン(YouTube)

<チケット種類>
チャリティチケット:500円/1枚あたり
・運営手数料を除いたイベント収益は、イベント終了後にハチドリ電力の支援先(一覧)へ均等に寄付いたします
注意事項
*チケット購入後はキャンセル・チケット代の返金ができません。予めご了承のうえご購入ください
*当日はPeatixのイベントページ「イベントに参加」ボタンより参加できます
*当日の様子を撮影しWebサイト・広報物等で使用する可能性がありますので予めご了承ください

<ご意見募集>
・第3部にて、YouTubeのチャット機能でみなさんからのご意見を募集します
・それらの中から、いくつかを取り上げて、共に「私たちにできること」を考えます
・なお、すべてのご意見を取り上げることはできません。予めご了承ください

 

パネラー

元・パタゴニア日本支社長

辻井 隆行

1968年生。早稲田大学大学院社会学科学研究科(地球社会論)修士課程修了。99年、パートタイムスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷ストアに勤務。2000年、正社員として入社。鎌倉ストア、マーケティング部門、卸売り部門を経て、09年から19年まで日本支社長。19年秋、器の限界を感じて日本支社長を退任。現在は、自然と親しむ生活を送りながら、企業やNPOのビジョン・戦略策定を手伝いつつ、# いしきをかえよう http://change-ishiki.jp/ の発起人の一人として、市民による民主主義や未来のあり方を問い直す活動を続ける。

一般社団法人エシカル協会 代表理事

末吉 里花

TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして世界各地を旅した経験を持つ。日本全国の自治体や企業、教育機関で、エシカル消費の普及を目指し講演を重ねている。著書に『祈る子どもたち』(太田出版)、『はじめてのエシカル』(山川出版社)。新刊絵本『じゅんびはいいかい?〜名もなきこざるとエシカルな冒険〜』(山川出版社)。
日本ユネスコ国内委員会広報大使、東京都消費生活対策審議会委員、日本エシカル推進協議会理事、日本サステナブル・ラベル協会理事、NPO法人FTSN(Fair Trade Students Network)関東顧問、損保ジャパン日本興亜環境財団評議員、一般社団法人地域循環社会連携協会理事、1% for the Planetアンバサダー、ピープルツリーアンバサダー

株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長

田口 一成

1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。株式会社ミスミに入社後、25歳で独立しソーシャルビジネスしかやらない会社ボーダレス・ジャパンを創業。2020年4月現在、社会課題を解決するための35の事業を世界13カ国で展開している。2019年2月、日経ビジネスが選ぶ「世界を動かす日本人50」に選出。

こちらもオススメ!